タイトル等
エッシャーの世界
無限迷宮への夢
ワクワク、ドキドキの5週間。
会場
茨城県近代美術館
会期
2016-06-07~2016-07-10
休催日
毎週月曜日
開催時間
午前9時30分~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般 1,190(1,080)円 / 高大生 980(850)円 / 小中生 480(360)円
※( )内は20名以上の団体料金 ※満70歳以上の方、障害者手帳等をご持参の方、高校生以下は土曜日のみ入場無料
※茨城県立の美術館(近代美術館、天心記念五浦美術館、陶芸美術館)主催の展覧会で1年間に何回でもご利用いただける共通年間パスポート(一般 3,090円 / 高大生 2,060円 / 小中生 1,030円)を各美術館にて販売中
主催者
茨城県近代美術館
協賛・協力等
■協力:M.C.エッシャー財団 ■企画協力:株式会社キュレイターズ ■後援:オランダ王国大使館/在大阪・神戸オランダ総領事館/水戸市/朝日新聞水戸総局/茨城新聞社/株式会社茨城放送/NHK水戸放送局/産経新聞社水戸支局/東京新聞水戸支局/日本経済新聞社水戸支局/毎日新聞水戸支局/読売新聞水戸支局

本展の普及・広報事業は宝くじの収益金で実施されております。
概要
20世紀オランダが生んだ異才の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898-1972)。「変容、無限、二次元と三次元の相克」といった抽象概念をテーマに、幾何学的パラドクスを駆使した独自の画風で400点以上の作品を残しました。誰の心にもひそむ素朴で純粋な好奇心をくすぐる作品は、世界中で多くの人々に親しまれ、日本でも高い人気を誇ります。
本展では、主にオランダのエッシャー財団が所蔵する貴重なコレクションから厳選した約90点の版画の代表作と、下絵やスケッチなど約30点の資料により、エッシャーの迷宮世界に迫ります。エッシャーの名を世界的に有名にした「だまし絵」の魅力とともに、そこに到達するまでの様々な表現への挑戦や、エッシャーの人となりについても理解していただけることでしょう。既成のものの見方にとらわれず、人間の自由な想像力を解放する不思議の世界を、あなたも体験してみてください。
イベント情報
初日特典として抽選で50名様に、エッシャー作品ポストカードと次回企画展「乙女デザイン・大正イマジュリィの世界」チケット引換券をプレゼント!
日時:6月7日(火)
場所:1階総合受付
抽選方法:発券番号による抽選

講演会
「錯視とエッシャー」
自作の錯視画を紹介しながら、心理学的な視点からエッシャー作品に迫ります!
日時:6月18日(土) 14:00~15:30
講師:北岡明佳氏 (立命館大学教授)
会場:地階講堂
定員:250名 (申込不要、参加無料)

実技講座
「―誰でも楽しめる木口木版―『拡がりゆく、ウッド・エングレーヴィングの世界』」
エッシャーも用いたビュランによる木口木版を体験! 初心者から経験者まで是非どうぞ。
日時:6月25日(土) 10:00~16:00
講師:栗田政裕氏 (版画家)
会場:地階講座室
定員:40名 (事前申込・要企画展チケット)
申込方法:往復はがき(往信用文面に希望者全員の氏名・年齢・住所・電話番号を、返信用宛名面に宛先を明記)、または来館による申込。1通につき4名まで可。
申込締切:6月17日(金)
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/exhibition/kikaku/index.html
会場住所
〒310-0851
茨城県水戸市千波町東久保666-1
交通案内
【電車・高速バスをご利用の場合】
■水戸駅まで
◎ 電車 /
上野駅から JR常磐線、特急列車で約1時間、JR水戸駅下車。
◎ 高速バス /
JR東京駅 八重洲南口バスターミナルから、JR水戸駅まで約2時間。

■水戸駅から
◎ 徒歩 /
水戸駅南口から 約20分。
◎ バス /
水戸駅北口⑧番のりばから乗車約5分、「文化センター入口」にて下車。
◎ タクシー /
水戸駅南口から 約5分。

【車をご利用の場合】
常磐自動車道
水戸インターから、国道50号バイパス経由、約20分。
北関東自動車道
茨城町東インターから 約15分。
ホームページ
http://www.modernart.museum.ibk.ed.jp/
茨城県水戸市千波町東久保666-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索