タイトル等
平成29年度公立美術館共同巡回展
日本画山脈 再生と革新~逆襲の最前線
-七山からはじまった日本画の現代(いま)-
会場
新見美術館
会期
2017-04-13~2017-05-28
休催日
月曜日(但し、5/1[月]開館)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は閉館30分前)
観覧料
一般700円(600円) 大学生500円(400円) 中高生300円(250円) 小学生200円(150円)
※( )内は15人以上の団体料金
※障がい者手帳などをお持ちの方は半額
※市内小中学生は観覧無料
※高梁川流域パスポート提示の小学生は土日祝休日は無料
主催者
新見市、新見市教育委員会、新見美術館、テレビせとうち、日本画山脈展実行委員会、
協賛・協力等
後援
岡山県郷土文化財団、公益社団法人岡山県文化連盟、山陽新聞社、産経新聞社、朝日新聞岡山総局、毎日新聞岡山支局、読売新聞岡山支局、中国新聞備後本社、新見市文化連盟、吉備ケーブルテレビ、備北民報社、備北新聞社、新見市観光協会
特別協賛
人形の喜峯、備北信用金庫、ヤマトロジスティクス 助成 一般財団法人地域創造
概要
山脈のように連綿と織り成す日本画の伝統と革新
文明開化を迎えた明治期、西欧から移入された「西洋の絵画」に対して、我が国の伝統的な絵画表現を受け継ぐものとして、「日本画」という言葉が生まれました。時代のうねりの中で日本画家たちは互いに関係し合い、伝統的な技法や独自の美意識を受け継ぎ、あるいは西洋絵画の影響も受けながら常に新しい日本画の創造を模索してきました。太平洋戦争を経て、社会構造や価値観の大きな変革の中で、危機的な状況に晒されながらも新しい日本画の模索は続き、現在に至っても時代に即した新しい表現、次世代へと続く新しい日本画の創造をめざし多彩な挑戦が続けられています。本展では、「戦後日本画の再生」に挑んだ七人の巨山を中心に、戦後の流れを受けて花開いた現在の巨匠たちの「不動の日本画表現」、そして具象の系統に連なる新世代の作家たちの「越境する表現」を通し、戦後から現在まで続く日本画壇の流れを俯瞰(ふかん)するとともに、日本画表現の現在地点を紹介します。伝統と革新が山脈のように連綿と織り成す日本画の系譜。この機会にどうぞご堪能ください。
イベント情報
イベント (要観覧料・予約不要)
オープニング・スペシャルギャラリートーク
4月13日(木)10:00~ ※60分程度
講師:野地耕一郎氏(泉屋博古館 分館長)
アーティストトーク ※60分程度
4月15日(土)11:00~
講師:新恵美佐子氏(日本画家)
4月30日(日)11:00~
講師:森山知己氏(日本画家)
5月7日(日)14:00~
講師:村居正之氏(日本画家)
5月14日(日)14:00~
講師:竹内浩一氏(日本画家)

当館学芸員による展示解説 ※60分程度
4月23日(日)、5月4日(木・祝)、21日(日)、27日(土)14:00~

おはなし会 ※各回30分程度
「平山郁夫と玄奘三蔵」
4月29日(土・祝)、5月20日(土)11:00~/14:00~
講師:新見子ども読書会、新見読書ボランティアの会
会場:新見美術館ピロティ
定員:20名(先着順)


ツアー
ひとりでまわる、みんなでまわるワクワクツアー
会期中随時開催 ※展覧会の鑑賞をサポートするジュニアガイドを配布します。


ワークショップ(要予約)
「子どもから大人まで水墨画にチャレンジ!」
4月15日(土)13:30~16:00
講師:新恵美佐子氏(日本画家)
会場:新見美術館ピロティ
用意するもの:筆洗、筆拭、汚れても良い衣服
(あれば毛筆用、又は絵画用筆。その他のものはご用意します)
会費:500円(材料費込)
対象:小学生親子~一般
定員:10名程度(先着順)

「日本の伝統を学ぶ:琳派のたらし込みをやってみよう!」
※天然絵具でサクラ、モミジを描きます。
4月30日(日)13:30~16:00
講師:森山知己氏(日本画家)
会場:新見美術館ピロティ
用意するもの:筆洗、筆拭、汚れても良い衣服
会費:500円(材料費込)
対象:小学生親子~一般
定員:10名程度(先着順)
ワークショップ申込:新見美術館まで
電話(0867-72-7851)にてお申込みください。
展示替え情報
※5月8日(月)に一部展示替えを行います。
ホームページ
http://www.nihongasanmyaku.com
会場住所
〒718-0017
岡山県新見市西方361
交通案内
● JR新見駅から、タクシーで5分、徒歩で10分

● JR新見駅まで
JR岡山駅から 伯備線下り(米子・出雲方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。
JR米子駅から 伯備線上り(新見・岡山方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。

● 中国自動車道 新見インターチェンジから車で約7分

● 岡山方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
新見市役所前交差点を左折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。

● 米子方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
高尾交差点を右折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。
ホームページ
http://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/
岡山県新見市西方361
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索