タイトル等
第65回記念 2016となみチューリップフェア特別展
荒井良二 絵本原画展 スキマの国の美術館
会場
砺波市美術館
企画展示室、常設展示室
会期
2016-04-09~2016-06-05
休催日
*5月16日(月)は施設点検日のため休館いたします
開催時間
10:00~18:00
(2016となみチューリップフェア期間 4/22 (金)~5/5(木・祝)の観覧時間は8:30~17:30)
観覧料
〔大人(高校生以上)〕 1,000円(900円)、〔小人(小・中学生)〕 300円(200円)、小学生未満は無料
*( )内は前売料金、20名以上の団体料金です。
*本展覧会の観覧券はチューリップフェア期間中 4/22 (金)~5/5 (木・祝)はフェアの入場券としてもお使いいただけます。
*5/5 (木・祝)こどもの日は小人無料です。
*障がい者の観覧は無料です (介添者1名を含む、入館の際に証明できるものをご提示ください)。
*本展覧会の観覧券で常設展もご覧になれます。
主催者
砺波市、公益財団法人砺波市花と緑と文化の財団・砺波市美術館、一般社団法人砺波市観光協会
協賛・協力等
■後援/ となみ衛星通信テレビ、エフエムとなみ、となみ芸術文化友の会
■企画協力/ 株式会社アドシステム
■協力/ あかね書房、アートン新社、アニプレックス、イースト・プレス、岩崎書店、NHK、NHKエンタープライズ、NHK出版、偕成社、学習研究社、講談社、集英社、東北芸術工科大学、トムズボックス、のら書店、BL出版、ビリケン出版、フェリシモ出版、FOIL、プチグラパブリッシング、フレーベル館、ブロンズ新社、ほるぷ出版、毎日新聞社、三起商行、山形新聞社
概要
2016年春、人気の絵本作家、イラストレーターの荒井良二さん(1956年山形県生まれ)の作品が砺波市美術館にやってきます!
荒井さんが描く絵本には、まるで子どもが夢中になって描いたような絵がちりばめられ、添えられた言葉は独特なリズムとユーモアに溢れています。
荒井さんは海外でも高く評価され、児童文学のノーベル賞といわれるスウェーデンの児童少年文学賞「アストリッド・リンドグレーン記念文学賞」を日本人として初めて受賞するほか、国内外の数々の絵本賞にも輝いています。
一方で、絵本作家の枠にとらわれることなく、NHK連続テレビ小説「純と愛」オープニング原画・題字の担当をはじめ、子どものワークショップなどにも積極的に取り組んでいます。
本展では、初期から最新作の絵本原画約300点、その下絵やアイディアスケッチにより絵本が生み出される秘密に迫りながら、アニメーション、キャンバス作品や屏風作品なども展示します。
世界と世界のすきまにあると荒井さんが言う「スキマの国」とは一体どんな国なのでしょうか? ぜひお楽しみください。
イベント情報
ワークショップ 荒井良二さんと作っちゃおう
講師:荒井良二氏 〔絵本作家、イラストレーター〕
日時:5月14日(土) ①10:00~12:00 ②13:30~15:30
場所:2階 市民アトリエ
対象:小学生
定員:各回先着20名 電話でのお申込み 0763-32-1001
参加無料

アーティスト・トーク&サイン会
講師:荒井良二氏 〔絵本作家、イラストレーター〕
日時: 5月15日(日)
アーティスト・トーク 午後2時~3時 2階市民ギャラリー (参加無料)
サイン会 午後3時15分~4時30分 1階エントランス(要整理券)
*サイン会にご参加いただく際には整理券が必要です。 (当日の正午より美術館1階受付で整理券を配布いたします。)
*荒井良二氏の書籍をお買上げ、またはご持参の上、直接会場にお越しください。

絵本読みきかせ
協力:砺波市立図書館 パレット (参加無料)
日時 5月15日(日) 午前10時~11時
場所:1階図書室

市民美術館の日
5月29日(日) 砺波市民は観覧無料です。

当館学芸員によるギャラリートーク (要観覧券)
日時:6月5日(日) 午後2時より (30分程度)
場所:1階企画展示室

荒井良二さんの絵本コーナー
期日:4/9 (土)~20 (水)、5/7 (土)~6/5 (日)
場所:1階図書室

*都合により内容が変更になる場合があります。詳しくは美術館までお問合せください。
会場住所
〒939-1383
富山県砺波市高道145-1
交通案内
・北陸自動車道・砺波I.C.から 車で5分

・JR北陸新幹線「新高岡駅」、あいの風とやま鉄道「高岡駅」より JR城端線に乗り換え20分、「砺波駅」下車、徒歩20分
ホームページ
http://www.tonami-art-museum.jp/
富山県砺波市高道145-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索