タイトル等
開館50周年記念特別展
Seed 山種美術館 日本画アワード 2016
―未来をになう日本画新世代―
会場
山種美術館
会期
2016-05-31~2016-06-26
休催日
月曜日
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 700円(500円)・大高生 500円(300円)・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金、および前売料金
*障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料

きもの割引:会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
*複数の割引の併用はできません。
主催者
山種美術館
協賛・協力等
後援:文化庁、東京都、東京新聞
協賛:セイコーホールディングス 株式会社
助成:公益財団法人 朝日新聞文化財団
概要
当館では開館50周年を記念し、かつて実施していた『山種美術館賞』の趣旨を継承した公募展『Seed 山種美術館 日本画アワード』を新たな形で再開いたします。
このたびのアワードにともない開催する本展では、厳正な審査の結果選ばれた4点の受賞作品を含む40点の入選作品を展示、公開します。応募作品はいずれも個性が光る魅力的な力作が多く、7人の審査員による審査も白熱したものとなりました。その中から大賞・京都絵美 (みやこ えみ)《ゆめうつつ》、優秀賞・長谷川雅也 (はせがわ まさや)《唯 (ただ)》、特別賞(セイコー賞)・狩俣公介 (かりまた こうすけ)《勢焔 (せいえん)》、審査員奨励賞*・外山諒 (とやま まこと)《Libing pillar》の4点の受賞が決定しました。本展では加えて、松尾敏男 (まつお としお)《翔》、小山硬 (おやま かたし)《天草》(いずれも山種美術館)など、過去の「山種美術館賞展 今日の日本画」の第1回~第4回の大賞と優秀賞作品12点を参考出品します。
開館以来、各時代の日本画を応援してきた当館のあゆみを振り返るとともに、現在そして未来の日本画をになう若手画家の作品をとおして、それぞれの時代の息吹をお伝えします。
*審査過程において、審査員全員からの要望により、今回特別に「審査員奨励賞」を設けることになりました。
イベント情報
〔事前予約制〕
トークイベント「フクヘン。受賞作家と語る。」
日時 2016年6月5日(日) 14:00~15:30
出演者 鈴木芳雄 氏 (編集者・美術ジャーナリスト)
京都絵美 氏、長谷川雅也 氏、狩俣公介 氏、外山諒 氏
(「Seed 山種美術館 日本画アワード 2016」受賞者)
山﨑妙子 (山種美術館 館長)
会場 國學院大學 院友会館 (150-0011 東京都渋谷区東4-12-8)
*山種美術館より徒歩5分
http://www.kokugakuin.or.jp/access/
定員 200名 (先着順)
参加費 無料
*但し、本展入場券または半券が必要。当日会場にて入場券購入も可能。
お申し込み方法
FAX・インターネットの場合:詳細は当館Webサイトをご覧ください。
郵送の場合:参加希望者1名につき1枚の往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、ご希望のイベント名を明記の上、〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36「山種美術館イベント係」までお申込みください。当館受付でもお申し込みいただけます。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/next.html
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索