タイトル等
コレクションのあゆみ 1952-2002
開館50周年記念
会場
東京国立近代美術館
会期
2002-10-12~2002-12-23
休催日
月曜日(10/14・11/4・12/23は開館し、翌日休館)
開催時間
10:00~17:00。金曜日は20:00まで(入館は19:30まで)
観覧料
一般 420(210)円
高大生 130(70)円
小中生 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※第1日曜日は無料観覧日
主催者
東京国立近代美術館
概要
東京国立近代美術館は、本年12月1日をもって、開館50周年を迎えます。当館は、昭和27(1952)年に東京都中央区京橋の旧日活本社ビルを改装して開館して以来、近代日本美術を中心とした展覧会の開催と作品収集を行ってきました。これまでに当館が開催した展覧会は396回、現在の当館のコレクションは約8900点を数えるまでになりました。
この間、昭和44(1969)年には、故石橋正二郎氏より建物(故谷口吉郎氏設計)の寄贈をえて、北の丸公園に本館を竣工しました。その後京橋の建物はフィルムセンターとなり、昭和52(1977)年には北の丸公園内の旧近衛師団司令部庁舎を改装して工芸館が発足しました。本館は、つい最近2年半に及ぶ全面改築を行って本年1月にリニューアル・オープンしております。また、当館はこれに先立つ平成13(2001)年4月より独立行政法人として、新しい組織体制で事業を実施しております。
当館は、近代日本美術の歴史を紹介できるようなコレクション作りとその常設展示の実施をめざして、開館以来、歴史的に有意義な作品の収集と、さまざまな展覧会の開催を通して近代日本美術史の構築を試みてきました。さらに、同時代の新しい表現をどのように捉え、未来に伝えていくかについても継続的なとりくみを行ってきました。このたびの所蔵品展「コレクションのあゆみ」は、こうした当館の50年間の活動を11の章に分け、およそ290点の作品によってコレクションの形成を多様な角度からご紹介し、あわせて当館が時代とともにどのように歩んできたかをご覧いただこうとするものです。
ホームページ
http://www.momat.go.jp
展覧会問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
会場住所
〒102-8322
東京都千代田区北の丸公園3-1
交通案内
東京メトロ東西線 竹橋駅 1b出口 徒歩3分
ホームページ
http://www.momat.go.jp/
会場問合せ先
03-5777-8600(ハローダイヤル)
東京都千代田区北の丸公園3-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索