タイトル等
カッサンドル・ポスター展
グラフィズムの革命
会場
埼玉県立近代美術館
2F
会期
2017-02-11~2017-03-26
休催日
月曜日(3月20日は開館)
開催時間
10:00~17:30
(展示室への入場は17:00まで)
観覧料
一般 1000円(800円)、大高生 800円(640円)
( ) 内は20名以上の団体料金。
※中学生以下と障害者手帳をご提示の方 (付き添い1名を含む) は無料です。 ※併せてMOMASコレクション (1階展示室) もご覧いただけます。
主催者
埼玉県立近代美術館
協賛・協力等
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
特別協力:LAFA/Laboratory All Fashion Art.
協力:株式会社 studio仕組、JR東日本大宮支社、FM NACK5
企画協力:アートインプレッション
概要
カッサンドル(1901ー1968)は、ウクライナに生まれ、フランスで活躍した20世紀を代表するグラフィックデザイナーです。キュビスムやバウハウスから影響を受け、1920年代に制作した幾何学的でダイナミックなポスターは、時代の先駆的な表現として、グラフィックデザイン界に「革命」とも言うべき大きなインパクトをもたらしました。カッサンドルのポスターに共通する壮観な構図とスピード感は、機械と大量消費の時代をまさに体現していたのです。1930年代に入ると、画家バルテュスとの出会いから絵画制作に熱中する一方、アメリカでファッション雑誌『ハーパーズ・バザー』の表紙を手がけるなど、芸術家として活動の舞台をさらに広げていきました。この展覧会では、2018年に没後50年を迎えるカッサンドルの仕事を、ファッションブランド「BAーTSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹氏が築いたコレクションを通してご紹介します。松本氏のカッサンドル・コレクションは、保存状態の良好なポスターの代表作、およびカッサンドル直筆の貴重なポスター原画を含むものとして、世界的に高く評価されています。国内ではおよそ20年ぶりの回顧展となる本展で、カッサンドルが到達した至高のポスターデザインをご堪能いただければ幸いです。
イベント情報
■講演会「なんというかっこ良さ! 魅惑のカッサンドル」
講師:岡部昌幸(帝京大学教授)/2月26日(日)15:00~16:30(開場は30分前)/2階講堂/定員:100名(当日先着順)/料金:無料/内容:20世紀グラフィックアートのトップランナーにして、アール・デコのモダンさ、かっこ良さを具現化したカリスマ・アーティスト。ダンディズムとモードに革命をもたらしながら、一度は歴史に埋もれ、忘れ去られたカッサンドル(預言者)の謎に迫ります。

■ミュージアム・コンサート
①3月11日(土)/出演:山田武彦(ピアノ)ほか/料金:無料 ②3月19日(日)/出演:田ノ岡三郎(アコーディオン)、平原慎太郎(ダンス)ほか/料金:無料 *ミュージアム・コンサートの詳細は、当館ホームページでお知らせします。

■担当学芸員によるギャラリートーク
2月19日 (日)、3月12日 (日)/各日とも15:00から30分程度/2階展示室B、C/企画展観覧料が必要です。

■ご希望のグループに「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」の見どころをご案内します(予約制)。
お問い合わせ・ご予約は電話048-824-0110 教育・広報担当まで。
会場住所
〒330-0061
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
交通案内
■ JRをご利用の場合
JR京浜東北線 北浦和駅西口より 徒歩3分 (北浦和公園内)
JR東京駅、新宿駅から北浦和駅まで、それぞれ約35分

■ バスをご利用の場合
国際興業バス、西武バスとも 北浦和駅西口前下車 徒歩3分
ホームページ
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/
埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索