タイトル等
澤村武山
いつもの風景、流れるとき
会場
つなぎ美術館
会期
2016-04-29~2016-07-18
休催日
水曜日 ※但し 5月4日(水)開館・6日(金)休館
開催時間
10:00~17:00
入館は16:30まで
観覧料
一般:300円(250円) 高校・大学生:200円(150円) 小・中学生:100円(50円)
※( )内は20名以上の団体料金。 ※水俣市・葦北郡内の学校による利用は事前申請により無料。
主催者
つなぎ美術館
概要
1962年、熊本県八代市に生まれた澤村武山は武蔵野美術大学卒業後、しばらくは東京で暮らしていましたが、31歳のときに郷里に戻り美術講師の職に就きました。その後、画業に専念するため美術講師を辞し、自問を繰り返していた時期の渡仏で、セザンヌやモランディなど憧れの画家たちが描いた風景と自分が暮らす街の身近な風景が等価値であることに気づきました。以来、身近な風景の中で刻々と変化する光と大気の表現に関心を寄せ、毎日のように制作に出かけています。本展では澤村の新作を中心に紹介します。この機会に日常のなかの穏やかなうつろいを捉えた澤村作品の魅力をご堪能ください。
イベント情報
アーティストトーク
日時 5月21日(土曜日) 14時00分~15時00分
会場 展示室
定員 30名(要事前申込・先着順)
参加費 観覧料
ホームページ
http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/page1341.html
会場住所
〒869-5603
熊本県葦北郡津奈木町岩城494
交通案内
▶ 肥薩おれんじ鉄道・津奈木駅から 徒歩10分
▶ 南九州西回り自動車道・芦北I.C.から 車で20分
▶ JR九州新幹線・新水俣駅から 車で10分
ホームページ
http://www.town.tsunagi.lg.jp/Museum/
熊本県葦北郡津奈木町岩城494
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索