タイトル等
江戸の遊び絵づくし
-おもしろ浮世絵版画
会場
うらわ美術館
会期
2016-11-19~2017-01-15
休催日
月曜日(1月9日の月曜日は開館)、1月10日(火曜日)、年末年始(12月27日~1月4日)
開催時間
午前10時~午後5時
土曜日・日曜日のみ~午後8時(入場は閉館30分前まで)
観覧料
一般610(480)円、大高生410(320)円、中小生200(160)円
•( )内は20名以上の団体料金
•障害者手帳をお持ちの方および付添いの方1名は半額
•リピーター割引:観覧済の有料観覧券のご提示により、団体料金でご入場いただけます(観覧日から1年以内、1名様、1回限り有
主催者
うらわ美術館
協賛・協力等
企画協力:株式会社アートワン
監修:稲垣進一、中右瑛、悳俊彦
概要
浮世絵版画と聞いて思い浮かぶものは?美人画でしょうか、名所絵でしょうか。江戸時代に発展する浮世絵は、庶民の娯楽や情報源として人気を博しました。そして現代では、その芸術性により世界から注目されています。本展は、美人画など従来の浮世絵版画の印象を吹きとばしてしまうほど、不思議でおもしろい「遊び絵」の世界を紹介します。「遊び絵」と称される版画の一群は、視覚を中心に様々な遊びが入り交じり、眺めていると頭をひねり体も使って、いつの間にかその世界に引きこまれてしまいます。謎解き、隠し絵、身振絵など150点余りの「遊び絵」を、本展では七つの章でご案内いたします。斬新なアイデアやユーモラスな表現が我々の好奇心と想像力を刺激し、<うらわでわらう>展覧会に、きっと、なることでしょう。
イベント情報
学芸員によるギャラリー・トーク
11月27日(日曜日)、12月10日(土曜日)、1月9日(月曜日・祝日)
各回午後2時~
自由参加。当日の観覧券が必要です。
会場住所
〒336-0062
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
交通案内
※うらわ美術館は、「浦和ロイヤルパインズホテル」と同じ建物(浦和センチュリーシティビル)の3階にあります。建物中央付近にあるうらわ美術館連絡用エレベーターをご利用ください。

=電車をご利用の場合=
JR 浦和駅 西口より 徒歩7分
JR 京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ラインが停車します。
大宮駅から8分、上野駅から20分、新宿駅から25分。

=お車でお越しの場合=
東北自動車道 浦和出口から9キロメートル、
首都高5号池袋線・埼玉大宮線 浦和南出口から4キロメートル、
外環自動車道 三郷方面より 外環浦和出口から5キロメートル、大泉方面より 戸田西出口から7キロメートル。

駐車場について
浦和センチュリーシティビル地下の公営駐車場(有料)をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索