タイトル等
特別展
国宝 燕子花図屏風
歌をまとう絵の系譜
会場
根津美術館
会期
2016-04-13~2016-05-15
休催日
月曜日 ただし5月2日(月)は開館
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
◎夜間開館 5月10日(火)~5月15日(日) 午後7時まで開館 入館は午後6時30分まで)
観覧料
一般 1300円 学生 1000円
*20名以上の団体、障害者手帳提示者 および同伴者1名は200円引き 中学生以下は無料

【前売券】 一般 1200円 学生 900円
*「ほとけの教え、とこしえに。」展 開催期間中(2月27日~3月31日) 根津美術館ミュージアムショップにて販売
概要
尾形光琳(1658~1716)によって生みだされた国宝「燕子花図屏風」は、『伊勢物語』の一節に基づくと考えられています。東国に下る途中の主人公が、三河国の八橋で燕子花の群生を目にし、「かきつばた」の五文字を各句の冒頭において「唐衣 (からころも) きつゝなれにしつましあれば はるばるきぬる旅をしぞ思ふ」と歌を詠む場面です。「燕子花図屏風」の象徴的な画面には、この歌が響き渡っているように感じられます。
古来、歌と絵は密接な関係を結んできました。本展覧会では、和歌と関わりをもつさまざまな絵画作品を集め、そのなかで「燕子花図屏風」を味わってみたいと思います。あわせて、室町時代に制作された「伊勢物語絵巻」(個人蔵) 3巻を特別に展示します。『伊勢物語』の世界に触れる絶好の機会ともなるでしょう。
イベント情報
*参加は無料ですが、入館料をお支払ください。
講演会 和歌をまとう日本美術 ―平安の歌絵から琳派まで―
講師 三戸信惠氏 (山種美術館 特別研究員)
4月23日(土) 午後2時から午後3時30分
根津美術館 講堂 定員130名
【申込方法】
当館ホームページの「イベント情報」の申し込みフォームから、または往復はがき(1講演会1参加者につき1枚)に、参加を希望される講演会名・住所・氏名(返信面にも)・電話番号を明記の上、 〒107-0062 東京都港区南青山6-5-1 根津美術館講演会係あてにお送りください。先着順で定員になり次第締め切らせていただきます。

モーニングレクチャー 4月16日(土)・4月26日(火) 午前11時~
イブニングレクチャー 5月10日(火) 午後5時30分~
各回45分間程度 定員130名
根津美術館 講堂
展示内容について、当館学芸員がスライドを用いて説明します。
[事前申込不要]
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/jp/exhibition/next.html
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山6-5-1
交通案内
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 <表参道>駅下車
A5出口(階段)より 徒歩8分
B4出口(階段とエレベータ)より 徒歩10分
B3出口(エレベータまたはエスカレータ)より 徒歩10分

都バス渋88 渋谷~新橋駅前行 <南青山6丁目>駅下車 徒歩5分
ホームページ
http://www.nezu-muse.or.jp/
東京都港区南青山6-5-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索