タイトル等
[特別展]
幼き衣へ
会場
島根県立石見美術館
展示室C
会期
2016-03-05~2016-05-08
休催日
毎週火曜日 (ただし5月3日は開館)
開催時間
10:00~18:30
展示室の入場は18:00まで
観覧料
一般 300(240)円 / 大学生 200(160)円 / 高校生以下:無料
※( )内は20名以上の団体料金
※特別展・コレクション展の観覧料。
※障害者手帳保持者および介助者は入場無料。
主催者
島根県立石見美術館
協賛・協力等
[協力] 鳴海友子、LIXILギャラリー、The Third Gallery Aya
概要
島根県立石見美術館では、企画展「こどもとファッション 小さな人たちへのまなざしの歴史」開催にあわせ、特別展「幼き衣へ」を開催します。

今回は、子どものために作られた着物、なかでも「背守り(せまもり)」がほどこされた作例を紹介します。「背守り」とは、子どもの健やかな成長を願って子どもの着物の背中にほどこした飾り縫いのことです。着物を日常的に着ていた昭和初期頃まで日本各地で見られました。そこに機能性の面からは説明の難しい、多様で豊かな手仕事を見ることができます。大正から昭和初期にかけて、合理性が重視される風潮のなか子ども服の洋装化が進みます。その一方で、「背守り」をほどこした子どもの着物は、洋装の子ども服と入れ替わるように姿を消していきました。さらにまた、このたびの展示では、子どもの着物を撮り下ろした石内都の写真作品も展示します。石内は「背守り」のある着物とともに、子どもの無事の生育を願い端切れをもらい集めて作った「百徳(ひゃくとく)着物」なども撮影しました。それらは、生地の肌理(きめ)だけでなく、着物に込められた親の想いまでも鮮やかに浮かびあがらせます。子どもという存在に光をあてるこの二つの展覧会が、子どもについて考えるきっかけとなることを願っています。
イベント情報
アーティスト・トーク
石内都氏が出品作について語ります。
[日時] 3月5日(土) 14:00~
[会場] 展示室C / 先着30名(申込不要) / 聴講無料
※ただし展覧会観覧券またはミュージアムパスポートが必要です。
ホームページ
http://www.grandtoit.jp/museum/exhibition/special/osanaki/index.html
会場住所
〒698-0022
島根県益田市有明町5-15
交通案内
飛行機で
・「萩・石見空港」から約6km(→連絡バス:JR益田駅まで約10分)
「東京(羽田)」より約1時間30分
・「山口・宇部空港」から約120km
・「出雲空港」から約150km

新幹線で
・山陽新幹線「新山口駅」下車(→山口線:JR益田駅まで約1時間40分)
「東京駅」より約8時間、「新大阪駅」より約5時間
・山陽新幹線「広島駅」下車(→高速バス:JR益田駅まで約2時間30分)

夜行・高速バスで
・石見交通「益田駅」下車
「東京」より約13時間、「大阪」より約7時間30分、「広島」より約2時間30分

JRで
・JR益田駅から約1km(→バス:約5分、徒歩:約15分)

バスで
・JR益田駅から石見交通バス(医光寺行き)約5分(→「グラントワ前」バス停下車)
バスは10分~15分間隔で運行

自家用車で

浜田・松江方面から
・国道9号線
浜田市より約50分・松江市より約3時間30分

萩・下関方面から
・国道191号線
萩市より約55分

山口・防府方面から
・国道9号線
津和野町より約30分、山口市より約1時間30分

広島方面から
・浜田自動車道「浜田IC」から約45km。または「戸河内IC」から約70km
広島市より約2時間
ホームページ
http://www.grandtoit.jp/museum/
島根県益田市有明町5-15
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索