タイトル等
企画展
美しき東海道
―「隷書版」お披露目―
明るく繊細な色彩、伸びやかな線、開かれた視界。広重の知られざる東海道シリーズ傑作のお披露目です。
会場
中山道広重美術館
展示室1
会期
2017-02-16~2017-03-26
休催日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土、日、祝日を除く)
※3月20日(月・祝)は開館、3月21日(火)は祝翌日のため休館。
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
大人/510円(410円)
( )内は20名以上の団体料金 ※高校生以下無料
主催者
恵那市、恵那市教育委員会、公益財団法人中山道広重美術館
協賛・協力等
後援:国際浮世絵学会
概要
歌川広重は、東海道をテーマとする錦絵揃物を多数制作しました。その数は20種類以上に及びますが、そのうち「隷書版」と通称される人気の高い作品が平成27年度、当館新規収蔵品になりました。このたび、初めてのお披露目となります。広重が50代の時手掛けた揃物で、洗練された描写や繊細な色使いが見所です。《東海道五拾三次之内》(保永堂版)に見られるような、勢いある街道絵のイメージが一般によく知られますが、本展では広重の別の一面を知ることができるでしょう。味わい深く豊かな表現世界を、じっくりご堪能ください。
イベント情報
関連イベント ※全て無料(ただし、観覧料が必要です)
●学芸員による作品ガイド
日時:3月12日(日) 午後10時30分~(30分程度) 場所:展示室1(1F)
●呈茶会(美術館ボランティア香風会 代表 鎌田幸子)
日時未定 場所:メーンラウンジ(1F) ※詳しくは美術館までお問い合わせください。
●解説ボランティア「幽遊会」による作品ガイド
日時:随時 ※個人・団体問いません。ご希望の方は事前にお電話でご予約ください。
ホームページ
https://hiroshige-ena.jp/exhibitions/20170216
会場住所
〒509-7201
岐阜県恵那市大井町176-1
交通案内
お車でお越しの場合
・東京から
東名高速道路で4時間30分 または 中央自動車道で3時間30分
・名古屋から
国道19号で1時間45分 または 中央自動車道で1時間
・岡谷JCから
中央自動車道で1時間30分

電車でお越しの場合
・名古屋から JR中央本線で約1時間 恵那駅から 南へ徒歩約3分
ホームページ
http://hiroshige-ena.jp/
岐阜県恵那市大井町176-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索