タイトル等
レオナルド・ダ・ヴィンチと「アンギアーリの戦い」展
~日本初公開「タヴォラ・ドーリア」の謎~
会場
宮城県美術館
会期
2016-03-19~2016-05-29
休催日
月曜日 (ただし3月21日、5月2日は開館)、3月22日(火)
開催時間
9:30~17:00
発券は16:30まで
観覧料
一般 1,300(1,000)円、学生 900(700)円、小・中学生・高校生 500(300)円
※( )内は前売料金 ※20名以上の団体は通常料金の100円引き

前売券・当日券販売所
(*は前売券のみの販売、2015年12月1日から2016年3月18日まで)
宮城県美術館、藤崎、仙台三越*、エスパル*、さくら野百貨店仙台店*、ローソンチケット(Lコード:25246)、チケットぴあ(Pコード:767-211)、セブン-チケット、イープラス、日専連カウンターアエル店*、ニッセンレン・テラス セルバ店*、宮城県庁1階売店*、河北新報販売店*、みやぎ生協共同購入部*
主催者
宮城県美術館、河北新報社、ミヤギテレビ
協賛・協力等
特別後援:イタリア共和国大統領 後援:外務省、文化庁、イタリア文化財・文化活動・観光省、イタリア大使館、イタリア文化会館、フィレンツェ市、仙台市教育委員会、NHK仙台放送局、TBC東北放送、仙台放送、KHB東日本放送、エフエム仙台 特別協賛:セコム、日本製紙 協賛:大林組、関電工、大日本印刷、みずほ信託銀行 協力:NHKエデュケーショナル、アリタリア-イタリア航空、日本航空、アルテリア、ヤマトロジスティクス 企画協力:東京富士美術館
概要
レオナルドとミケランジェロ 幻の競演がここで

レオナルド・ダ・ヴィンチの未完の大壁画制作計画「アンギアーリの戦い」は、今も多くの謎と痕跡を残しています。同壁画はイタリア・ルネサンス美術の歴史の中でも、最も野心的な装飾計画のひとつです。シニョリーア宮殿(現ヴェッキオ宮殿)を舞台にレオナルドとミケランジェロが戦闘画において競演したエピソードは大変有名ですが、その計画の全貌はいまだ明らかにされていません。
本展のメイン作品は、失われたレオナルドの壁画の中心部分をなす強烈な「軍旗争奪」の戦闘場面を描いた、日本初公開の《タヴォラ・ドーリア(ドーリア家の板絵)》として知られる著名な16世紀の油彩画です。本展ではさらにミケランジェロが構想した壁画の原寸大下絵を模写した、同じく日本初公開の16世紀の板絵《カッシナの戦い》が出品されます。原作が失われた二大巨匠の壁画が、いずれも本邦初公開の貴重な16世紀の板絵作品により500年の時を超えてならびあう、イタリア美術史上初の展示が日本で実現します。
レオナルドの構図に基づくその他の模写作品や派生作品、関連する資料類、関連する歴史的人物の肖像画など「アンギアーリの戦い」に関する作品・資料が一堂に集結する世界でも初めての企画展。レオナルドが試みた視覚の革命を検証し、イタリア美術史上の一大エピソードである失われた壁画の謎と魅力に迫ります。
イベント情報
講演会「《タヴォラ・ドーリア》について考える」
講師| 越川倫明 (東京藝術大学教授)
日時| 4月9日(土) 14:00~
会場| 講堂

講演会「レオナルドという実験工房―万能人の神話と実像」
講師| 森 雅彦 (宮城学院女子大学教授)
日時| 5月8日(日) 14:00~
会場| 講堂

展示解説
当館学芸員
日時| 3月21日(月・祝)、4月23日(土)、5月20日(金) 14:00~
会場| アート・ホール

「天才ダ・ヴィンチのひみつ」コーナーを併設
レオナルド・ダ・ヴィンチが残した素描や手稿のファクシミリ版(原典の忠実な複製版)と、彼の手稿をもとに再現した模型作品を中心に、天才ダ・ヴィンチの芸術、科学、生物学、人体解剖学、飛行技術、機械工学、軍事技術、建築などの多岐にわたる功績をわかりやすく紹介します。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/exhibition-20160319-s01-01.html
会場住所
〒980-0861
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
交通案内
>> 【公共交通機関をご利用の場合】
■ 地下鉄
仙台市営地下鉄 東西線
「国際センター駅」 西1出口から北へ 徒歩7分、
「川内」駅 北1出口から東へ 徒歩7分。

■ 路線バス
仙台駅西口バスプール15番乗り場より
730系統:市営バス川内営業所前行
739系統:(広瀬通経由)交通公園循環
のいずれかに乗車、「二高・宮城県美術館前」下車徒歩3分。
(仙台駅より所要約15分)

■ るーぷる仙台
仙台市内の観光スポットを結ぶ循環型バスです。
当館の最寄りには 「国際センター駅・宮城県美術館前」と「二高・宮城県美術館前」の2度停車します。

>> 高速道路をご利用の場合
東北自動車道・仙台宮城I.C.より仙台方面(仙台西道路)に入り、仙台城跡方面を経由して美術館へ。 I.C.より約15分。
ホームページ
http://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/
宮城県仙台市青葉区川内元支倉34-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索