タイトル等
工藝を我らに 二〇一六
資生堂が提案する美しい生活のための展覧会
会場
資生堂アートハウス
会期
2016-01-15~2016-04-03
休催日
月曜日 (月曜日が祝祭日の場合その翌日)
開催時間
10:00~17:00
入館 16:30まで
観覧料
無料
協賛・協力等
会場内アンティーク家具協力:ケントアンティーク家具
概要
一八七二年、わが国初の西洋調剤薬局として創業した資生堂は、西洋料理店の先駆けとなった資生堂パーラー、また、現存する画廊として最も永い歴史を刻む資生堂ギャラリーの経営など、多様な文化を独自の美意識で彩りながら世に送り出してきました。商品はもとより、パンフレットの一枚に至るまで、微に入り細を穿ち、美しいもの、品格のあるものを創造することに情熱をかたむけた志しは、変化を続ける時代の中にあって、一化粧品会社の立場から美しく質の高い生活を提唱し、日常生活全般を芸術化したいと願う強い意志に貫かれたものでした。

昨年より始まった「工藝を我らに」は、美術品と名を変え、私たちの日常から遠ざかってしまった工藝品を、生活の中に取り戻すための試みです。そして、資生堂が永い年月を通じ、人々の生活を豊かにするものと信じ続けてきた提案を、展覧会を通じて新たに発信するものです。内容は、本展の趣旨に賛同してくれた五名の工藝家による新作にアートハウスの収蔵品を取り混ぜながら、私たちの日々を豊かにし、喜びをもたらし、大切に受け継がれていくことのできる品々を展覧します。また、生活の中での用い方や楽しみ方も併せて提案します。
このささやかな展覧会を、工藝のもつ力、そして、この不安で浮薄な時代に、真心を込めて制作された美しく確かな品々と生活を共にすることで得られる幸福を分かち合い、広く共有していく場にしたいと思います。
イベント情報
「学芸員によるギャラリートーク」
1月22日(金)、23日(土)、2月26日(金)、27日(土)、3月25日(金)、26日(土)
14:00より 約30分

「アートハウスでお茶を」
出品作家の器を用いながら、アートハウスでお茶とお菓子を楽しんでいただきます。
2月15日(月) 13:30、15:30
定員=各回 5名
申込期間=1月15日(金)―1月31日(日)
※申込多数の場合、抽選とさせていただきます
※詳しい内容は、アートハウス受付までお問い合わせください
ホームページ
http://www.shiseidogroup.jp/art-house/exhibit/future.html
会場住所
〒436-0025
静岡県掛川市下俣751-1
交通案内
JR「掛川駅」下車、南口より タクシーで5分、徒歩25分。

バス「掛川駅」南口より、市街地循環線(南回り)、「資生堂アートハウス 入口」下車。
※「掛川駅」南口からの所要時間は、下車後の徒歩を含め、約15分。

東名高速 「掛川IC」より車で7分。 新東名高速 「森掛川IC」より車で30分。
ホームページ
http://www.shiseido.co.jp/art-house/
静岡県掛川市下俣751-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索