タイトル等
ガンドゥール美術財団の至宝
古代エジプト美術の世界展
―魔術と神秘―
日本初公開
会場
群馬県立館林美術館
会期
2016-01-05~2016-03-21
休催日
月曜日 (ただし1/11(月・祝)は開館)、1/12 (火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 820円(650)円、大高生 410円(320)円
( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料
主催者
群馬県立館林美術館
協賛・協力等
後援:スイス大使館、エジプト大使館 文化・教育・科学局、外務省
協力:スイス インターナショナル エアラインズ、日本航空、ハーシュ・トランスポート、日本通運、XL保険
監修:ロバート・スティーヴン・ビアンキ 企画協力:アートプランニング レイ
概要
紀元前3000年頃、ナイル川の流域で誕生したエジプト文明は、巨大なピラミッドや壮麗な神殿を築き、長きにわたり栄えました。今日、古代エジプト美術と呼ばれるものの多くは、神の代理人であり国を統治する王(ファラオ)と、王を取り巻く社会の上層の人々(エリート)の墓に納められた絵画やレリーフ、彫像や装飾品などです。そこには彼らの生活習慣のみならず宗教や思想までもが映し出され、今なお神秘の光を放っています。
本展は、古代エジプト美術の魅力を「魔術」をキーワードに紐解こうとするものです。魔術的な力を帯びるとされたヒエログリフ、神性をそなえた石や貴金属などの素材、象徴的な意味と結びつけられた色に着目することで、永遠に命が続くことを渇望したエジプトの人々の強い来世信仰と世界観が浮き彫りとなることでしょう。
出品作品約150点は、世界屈指の古代エジプト美術コレクションで知られるスイス・ジュネーヴのガンドゥール美術財団の所蔵品であり、全て日本初公開となります。石碑やレリーフ、アミュレット(お守り)、宝飾品などの貴重な作品の数々を通して、古代エジプト美術の世界をお楽しみ下さい。
イベント情報
*特に記載のない事業は、申し込み不要、無料。
*詳細はHPをご覧いただくか、直接お問い合わせください。

[ゲストトーク]
「古代エジプト人の祈り:復活・再生・豊饒」
1/10 (日) 14:00~15:00 ※要観覧料
講師:田澤恵子 (古代オリエント博物館研究員)

[トーク&ワークショップ]
「ヒエログリフを楽しもう!」
2/28 (日) 13:30~15:30 ※要申込、先着30名
講師:田澤恵子
参加費 300円

[レクチャー]
「古代エジプト美術とフランソワ・ポンポン」
1/30 (土) 14:00~15:00
松下和美 (当館学芸員)

[たてび☆びじゅつ部]
◎ 1/17 (日) アンコール企画
「粘土で作るリサ・ラーソン風動物レリーフ」
◎ 1/31 (日)
「古代エジプトのお守りを作ろう!」
※各日 13:30~15:30

記念コンサート
「エジプト美術展によせて~愛を歌う~」
2/14 (日) 14:00~15:00
勝又晃 (テノール) 永井美加 (ソプラノ) 近藤陽子 (ピアノ)

[ポンポン・ツアー]
2/7 (日) 14:00~14:30 ※参加記念品付き

[たてび☆キッズウォーク] (小中学生対象)
1/16 (土)、2/6 (土)、3/12 (土)
各日 10:00~12:00、14:00~16:00
(開催時間中の自由参加)

[土曜レクチャー]
美術の楽しみ方 Ⅱ
◎ 2/6 (土)
「デザインを巡る旅のすすめ―北欧を中心に」
野澤広紀 (当館学芸員)
◎ 2/13 (土)
「ゆるゆる目線でいく! 大正・昭和のモダンアート探検」
伊藤佳之 (福沢一郎記念館(世田谷)学芸員)
◎ 2/20(土)
「焼き物のいろいろ」
佐々木正直 (当館館長)
※各日 14:00~15:00
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/ex/exnow.html
会場住所
〒374-0076
群馬県館林市日向町2003
交通案内
○ 車:
東北自動車道 館林I.C.から 約9km
北関東自動車道 太田桐生I.C.から 約15km
○ 電車:
東武伊勢崎線 多々良駅から 約1.2km (徒歩20分)
東武伊勢崎線 館林駅から 約4km (東口からタクシー10分)
○ バス:
館林駅前(東口)から 多々良巡回線バス、往路30分、復路15分。
バス停「県立館林美術館前」から すぐ、または
バス停「西高根町」から 徒歩15分。

[東京都内からのご案内]
○ 浅草駅 (東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線) または 北千住駅(JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線・半蔵門線、つくばエクスプレス)から 東武スカイツリーライン・伊勢崎線をご利用ください。特急「りょうもう」の場合、浅草駅(北千住経由)~館林駅の所要時間は約60分。
○ JR宇都宮線ご利用の場合は、久喜駅で東武伊勢崎線に乗り換え。久喜駅~館林駅の所要時間は約30分です。
ホームページ
http://www.gmat.pref.gunma.jp/
会場問合せ先
0276-72-8188
群馬県館林市日向町2003
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索