タイトル等
千葉市美術館開館20周年記念展
初期浮世絵展
―版の力・筆の力―
―そして浮世は続く
会場
千葉市美術館
会期
2016-01-09~2016-02-28
休催日
2月1日(月)、2月15日(月)
開催時間
10時~18時
(金・土曜日は20時まで)
*入場受付は閉館の30分前まで
観覧料
一般 1200(1000)円、大学生 700(500)円
※小・中学生、高校生、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※市内在住65歳以上の方は一般料金より2割引
※( )内は前売り、団体20名以上の方の料金
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(2015年12月23日まで)、およびローソンチケット(Lコード:35558)、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(2016年2月28日まで)にて販売。

☆きもの割引:きものを着てご来館の方は観覧料2割引
☆ごひいき割引:本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の観覧料2割引
主催者
千葉市美術館
協賛・協力等
協力:日本航空、高久国際奨学財団
概要
新興都市江戸に暮らす人々が、太平の世に自信と愛着を深めていく17世紀後半、浮世絵の始祖と位置付けられる菱川師宣 (ひしかわ もろのぶ)(?-1694)が活躍を始めます。流行の衣裳に身を包む美人たち、人々を熱狂させた歌舞伎、そして江戸における日々の愛すべき暮らしなど、今に生きる楽しみを積極的に肯定する浮世絵は、時代を謳歌 (おうか) する気分とも相俟 (あいま) って、高い人気を得ることになりました。
浮世絵は、木版画として広く人々に普及しましたが、量産による値段の安さ、また当世の流行を即時に取り入れた制作の速さという特徴が、庶民に至るまで気軽に絵を楽しむことができるという世界でも稀な文化状況を育んだのです。一方で肉筆画、すなわち日本絵画の伝統的な技法で描く屏風や掛軸、絵巻物などの形式でも制作され、富裕層を中心とした需要も満たしていました。
どのように浮世絵は生まれ、発展し、なぜ近代に至るまでの高い人気と需要を継承できたのでしょうか。本展覧会では、大英博物館、シカゴ美術館、ホノルル美術館をはじめ海外からの里帰り品を含めた版画・肉筆画の名品約200点により、浮世絵草創期の世界を紹介、版と筆それぞれの表現の魅力を探ります。新しい都市の活況を伝え、時代のダイナミックな動きに呼応して、素朴ながらも力強い存在感を発揮した初期浮世絵の美を十分ご堪能いただけることでしょう。近世初期風俗画から菱川師宣前後の浮世絵誕生の状況、鳥居清信 (とりい きよのぶ)(1664-1729)や鳥居清倍 (とりい きよます)(生没年不詳)が歌舞伎絵界に圧倒的な地位を築く初期の鳥居派、浮世絵界のトリック・スター奥村政信 (おくむら まさのぶ)(1686-1764)や石川豊信 (いしかわ とよのぶ)(1711-85)の多様な活躍、そして高度な多色摺木版画技法、すなわち錦絵が誕生する鈴木春信(1725?-70)の登場までを通観する、日本初の総合的な初期浮世絵の展覧会です。
イベント情報
新春の獅子舞
1月9日(土) 展覧会初日の開館時には、8階会場入口で獅子舞がお迎えします。
出演:登渡神社登戸神楽囃子連

特別企画
「寛文美人から元禄美人へ―髪結いの実演と解説」
解説:村田孝子 (ポーラ文化研究所)
結髪師:林照乃
1月16日(土) 14:00~ (13:30開場予定)
11階講堂にて / 観覧無料
※実演中の会場の出入りは自由です。
※混雑状況によって入場を制限する場合がございます。

講演会
「愛しい初期浮世絵版画―美しさ・力強さ・ユーモア―」
講師:武藤純子 (清泉女子大学兼任講師・文学博士)
2月6日(土) 14:00~ (13:30開場予定)
11階講堂にて / 先着150名 (当日12:00より11階にて整理券配布)
聴講無料

ギャラリートーク
担当学芸員による: 1月13日(水) 14:00~
ボランティアスタッフによる: 会期中毎週水曜日 (1月13日を除く)
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※混雑時には中止する場合があります。

美術館ボランティアスタッフによる多色摺ワークショップ
1月24日(日) 10:30~12:00、13:30~15:00
※時間内随時受付
1階エントランスにて / 先着100名 / 参加無料

市民美術講座
「千葉で生まれた浮世絵の始祖 菱川師宣」
講師:田辺昌子 (当館副館長兼学芸課長)
2月7日(日) 14:00~ (13:30開場)
11階講堂にて / 先着150名 / 聴講無料
展示替え情報
※会期中に一部展示替えがあります。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2015/0104/0104.html
会場住所
〒260-8733
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
交通案内
[JR千葉駅東口より]
■徒歩約15分
■千葉都市モノレール県庁前方面行「葭川(よしかわ)公園駅」下車 徒歩5分
■京成バス(バスのりば7)より大学病院行または南矢作行にて「中央3丁目」下車 徒歩2分
■JR千葉駅へは東京駅地下ホームから総武線快速千葉方面行で約42分

[京成千葉中央駅東口より]
■徒歩約10分

[東京方面より車では]
■京葉道路・東関東自動車道で宮野木ジャンクションから木更津方面へ、貝塚IC下車、国道51号を千葉市街方面へ約3km、広小路交差点近く

*地下に、区役所と共用の機械式駐車場があります。(無料)
車高155センチを超える車の駐車スペースが少ないため、お待ちいただくことがあります。
混雑時はご不便をおかけすることもありますので、公共交通機関でのご来館をお願いします。
ホームページ
http://www.ccma-net.jp
千葉県千葉市中央区中央3-10-8
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索