タイトル等
生誕130年記念
前田青邨と日本美術院
―大観・古径・御舟―
重要文化財・速水御舟《炎舞》、2年ぶりの公開!
会場
山種美術館
会期
2015-06-27~2015-08-23
休催日
月曜日 (但し、7/20は開館、7/21は休館)
開催時間
午前10時~午後5時
(入館は午後4時30分まで)
観覧料
一般 1000円(800円)・大高生 800円(700)円・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金および前売料金
*障がい者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料

きもの・ゆかた割引
会期中、きもの・ゆかたでご来館のお客様は、団体割引料金となります。 ※複数の割引の併用はできません。
主催者
山種美術館、日本経済新聞社
概要
日本美術院を活躍の中心とし、大正から昭和にかけての近代日本画壇を牽引した画家・前田青邨 (まえだ せいそん)(1885-1977)。やまと絵をはじめ古画を深く研究し、豊かな色彩感覚と筆技を身につけた青邨は、壮大なスケールの歴史画を中心に幅広い画題に挑戦し続けました。一方、東京美術学校で教鞭をとり、優れた指導者として多くの秀でた後進を育てたことでも知られています。
本展では、青邨の生誕130年を記念し、《蓮台寺の松陰 (れんだいじのしょういん)》《大物浦 (だいもつのうら)》《腑分 (ふわけ)》を含む山種美術館所蔵の青邨の作品13点を一挙公開いたします。さらに、横山大観 (よこやま たいかん)・下村観山 (しもむら かんざん) ら日本美術院の開拓者、同門の小林古径 (こばやし こけい) や奥村土牛 (おくむら とぎゅう)、紅児会で切磋琢磨した安田靫彦 (やすだ ゆきひこ)や速水御舟 (はやみ ぎょしゅう)、そして門下生の守屋多々志 (もりや ただし)や平山郁夫 (ひらやま いくお)など、青邨をとりまく日本美術院の画家たちの作品も展示いたします。
イベント情報
〔事前予約制〕
講演会「私見 展覧会を観て」
日時 2015年7月26日(日) 14:00~15:30
会場 國學院大學 院友会館
(〒150-0011 東京都渋谷区東4-12-8 / 山種美術館より徒歩3分)
講師 山口 晃 氏 (画家)
定員 200名 (先着順)
参加費 2,000円 (税込・本展入館料を含む)
【お申し込み方法】
FAX・インターネットの場合:詳細は当館HPをご覧ください。
郵送の場合:往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、ご希望のチケット枚数(1回6枚まで)、イベント名を明記の上、〒150-0012 東京都渋谷区広尾3-12-36 「山種美術館イベント係」までお申し込みください (7/6必着)。当館受付でもお申し込みいただけます。
※参加申し込み受理後、当館より折り返し参加費振込みのご案内をさせていただき、ご入金が確定できた方からチケットを発送いたします。
*先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当日講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2015/post-22.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル 03-5777-8600
(電話受付時間 8:00―22:00)
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索