タイトル等
猪熊弦一郎展 -地図でない地図-
会場
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
会期
2002-10-01~2002-12-05
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般 700(560)円
大学生 500(400)円
高校生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金および前売り料金
主催者
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館、財団法人ミモカ美術振興財団
概要
猪熊弦一郎は画家人生の大半を海外で過ごしています。1955年からおよそ20年間をニューヨークで過ごし、健康を害した後年は亡くなるまで毎年冬の間をハワイで暮らしました。
1955年世界旅行に旅立った猪熊をこの地に留まらせたのは、40年代から50年代にアメリカで起こった抽象表現主義の動きでした。そして、それ以上に驚愕させられたのは、ニューヨークにそびえたつ高層ビルの数々でした。その頃のニューヨークは、東京ではまだ見られなかった高層建築物が注目された時期にあたります。インターナショナルスタイルと呼ばれる、ガラスと鉄、コンクリートでできた箱型のシンプルな形のビルが次々と建設されていました。都市に魅了された猪熊はいつしか都市の姿を描くようになります。60年代半ば、白と灰色、もしくは白と紺で描かれた短い線が画面を埋め尽くし、建物が林立する町並みを俯瞰図的に描いたようなこれらの作品は、当時「かすりのような」とか「畳目のような」と表現されました。その後の70年代半ばまでの作品では緑色、黄色、青色一色で塗りつぶされた画面に、高層ビルをモチーフとした形態が並べられ、空間を意識した作品制作がなされています。
ところが、ハワイに居を移したのと同時に作品にははっきりとした変化が生まれています。健康のために移り住んだハワイの温暖な気候と明るい太陽の影響だともいわれていますが、作品はこの地でさまざまな色彩を取り戻しました。また、作品から梯子状のモチーフは減少し、代わりに角と丸の組み合わせが画面構成の重要な役割を果たすようになります。角と丸は、細胞のようであり、また箱(=家)の中に住む人間を想起させ、より個を意識したものに感じられます。これもまたビジネスの街ニューヨークとは異なる環境、人と人との関係がより親密でゆったりとした時間の流れるハワイの土地柄のせいかもしれません。
二つの土地で猪熊は「都市」、あるいは「街」を描き続けました。それらはもちろん現実に存在するものではありません。これらの作品に対峙するとき、人は「地図ではない地図」「の上をさ迷いながら内面世界へと導かれるでしょう。
今回の展覧会では、ニューヨークと晩年を過ごしたハワイという二つの土地で制作された猪熊の心の風景画とも言える作品をご紹介します。
ホームページ
http://mimoca.org
展覧会問合せ先
TEL : 0877-24-7755 FAX : 0877-24-7766
会場住所
〒763-0022
香川県丸亀市浜町80-1
交通案内
◎ お車で
JR 丸亀駅前地下駐車場・2時間無料
(当館1階受付にて駐車券をご提示ください)

本州方面から
・(瀬戸大橋経由) 瀬戸中央自動車道 坂出北ICより 約10分
・(神戸淡路鳴門道経由) 高松自動車道 坂出ICより約15分

四国内の高速道路から
・高松自動車道 坂出IC・善通寺ICより 約15分

◎ 鉄道(JR)で
JR 丸亀駅下車、南口より 徒歩1分

・東京駅―(新幹線で約3時間20分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・博多駅―(新幹線で約1時間40分)―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
・高松駅―(予讃線快速で約30分)―丸亀駅

◎ 飛行機で
高松空港から
高松空港―(タクシー約40分 / 乗合タクシー約50分 ※1 / リムジンバス約75分 ※2 )―丸亀
※1 高松空港シャトル便 (要予約/東讃交通株式会社)
※2 丸亀・坂出・空港リムジンバス (琴参バス株式会社)

岡山空港から
岡山空港―(リムジンバス約30分 ※3 )―岡山駅―(松山または高知方面行特急で約40分)―丸亀駅
※3 岡山空港リムジンバス (中鉄バス株式会社)、空港リムジン (岡電バス)

◎ 高速バスで
・[東京・横浜から] 夜行 (ハローブリッジ)
・[名古屋から] 夜行 (さぬきエクスプレス名古屋)
・[大阪・神戸から]昼行 (さぬきエクスプレス大阪)
・[福岡から] 夜行 (さぬきエクスプレス福岡)
ホームページ
http://mimoca.org
香川県丸亀市浜町80-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索