タイトル等
北海道の四季と風土
らしさのありか
北海道の原風景を描いた全長29メートルの大作<道産子追憶之巻>公開!
会場
北海道立旭川美術館
第1展示室
会期
2015-09-11~2015-11-08
休催日
月曜日 (ただし9月21日、10月12日、11月2日は開館)、9月24日(木)、10月13日(火)
開催時間
午前9時30分~午後5時
入場は午後4時30分まで
観覧料
一般 820(600)円、高大生 510(400)円、小中生 300(200)円
*( )内は前売り、10名以上の団体料金、リピーター割引、旭川リンクリンクミュージアムによる割引料金
*障害者手帳をお持ちの方等は無料
*その他の割引について、詳しくは当館にお問い合わせください
主催者
北海道立旭川美術館、北海道新聞社
概要
短い夏に厳しく長い冬。北海道では独特の四季のリズムが刻まれます。そうした気候条件と、そこに住まう人々の営みや精神は互いに絡み合い、北海道ならではの風土が醸成されてきました。風土とは、自然と人、人と人の間に生じる関係性の総体であり、さらに言えば、地域のアイデンティティー、地域らしさと言えるでしょう。
北海道の風景を描いた絵画や、北海道の人々を表した絵画や彫刻には、北海道の風土、北海道らしさを感じさせるものが少なくありません。
本展では、当館と北海道立近代美術館の所蔵品の中から、北海道の四季の風景や人々が表された作品に焦点をあて、北海道の風土、北海道らしさを探ります。
北海道が誇る名品として知られる岩橋英遠<道産子追憶之巻>は旭川では24年ぶりの展覧となります。大変貴重な機会ですので、どうぞお見逃しなく。
イベント情報
■ 学芸員とめぐる北の旅
当館学芸員が作品解説をしながら、展示室をご案内します。
会場:当館第1展示室 要観覧券
○9月26日(土)、10月10日(土) 午後2時~
「岩橋英遠<道産子追憶之巻>と四季の風景」
○10月17日(土) 午後2時~
「佐藤進<丘>と四季の風景」
○11月3日(火) 午後2時~
「難波田龍起<北国の家>と北のイメージ」
会場住所
〒070-0044
北海道旭川市常磐公園内
交通案内
[徒歩]
JR旭川駅から徒歩20分

[バス]
JR旭川駅北側の1条通の14番バス停(1条8丁目)から、3・13・23・24・33・35番のバスに乗車。もよりのバス停は4条4丁目(3・33・35番)、徒歩5分。または8条西1丁目(13・23・24番)、徒歩3分。また、常磐公園前を経由するバスもご利用いただけます。バス停から徒歩7分。

[タクシー]
旭川駅前から約10分
ホームページ
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/abj/top.htm
北海道旭川市常磐公園内
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索