タイトル等
アール・ヌーヴォーの装飾磁器
ヨーロッパ名窯 美麗革命!
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーⅠ
会期
2015-12-19~2016-05-08
休催日
月曜日 (月曜日が休日の場合は翌平日)、12月28日(月)~1月4日(月)
開催時間
午前10時~午後6時
入館は午後5時30分まで
観覧料
一般 800円(700円)、大学生 600円(500円)、高校生以下h無料
※( )内は20名以上の団体料金
主催者
岐阜県現代陶芸美術館
協賛・協力等
【共催】 中日新聞社
概要
アール・ヌーヴォーは、欧米で19世紀末から20世紀初頭にかけて全盛を極めた工芸や建築、グラフィック・アートなどの多岐にわたる装飾様式で、流れるような曲線によって構成されていることを特徴とします。こうした流行は、同時代における陶磁器のデザインにも顕著に現れることとなり、美しく優雅な作品や東洋陶磁に倣った作品が次々と誕生していきます。これは、透明釉の下に多色の模様を施すような釉下彩をはじめとする新しい技術や技法の開発があって、初めて可能になったものといえます。
本展覧会は、アール・ヌーヴォー様式によるヨーロッパ名窯の作品の数々を、国内において総合的に紹介する初の展覧会です。1889年と1900年のパリ万国博覧会を軸に、釉下彩を伴ったセーヴルやロイヤル・コペンハーゲン、マイセンなどの作品を中心としながら、上絵付や結晶釉などの加飾による作品をまじえ幅広く展示します。さらに、日本との結びつきを示す作品、および関連するリトグラフや素描、書籍を併せた約200点によって多彩な様相を紹介していきます。
イベント情報
―関連企画
スペシャル・ギャラリートーク
塩川博義 (日本大学教授、本展出品者)
2015年12月19日(土) 14:00~

ワークショップ
“アール・ヌーヴォーのお花を標本にしよう”
今村文 (美術家)
2016年4月30日(土) 14:00~16:00

―ギャラリートーク
毎週日曜日、午後1時30分より学芸員によるギャラリートークを行います。

―開催中の催事
講演会
「吉田喜彦と語る~現代美術の視点から」
水沢勉 (神奈川県立近代美術館館長)×吉田喜彦 (陶芸家)
2016年1月17日(日) 13:30~

講演会
「ニッポンの焼きもの、一万年の美をめぐる (仮)」
橋本麻里 (ライター・エディター)
2016年2月20日(土) 14:00~

※ワークショップ、講演会は事前申込制です。詳しくは美術館HPをご覧ください。
巡回等情報
三井記念美術館 2016年7月6日~8月31日
長崎歴史文化博物館 2016年10月29日~12月4日
細見美術館 2017月2月28日~4月9日 (予定)
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索