タイトル等
特別展 琳派400年記念
琳派と秋の彩り
会場
山種美術館
会期
2015-09-01~2015-10-25
*会期中、一部展示替えを行います
休催日
月曜日(但し、9/21・10/12は開館、9/24・10/13は休館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 1200円(1000円)・大高生 900円(800)円・中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金および前売り料金。
*障がい者手帳、被爆者手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料。

きもの割引
会期中、きものでご来館のお客様は、団体割引料金となります。
※複数の割引の併用はできません。
主催者
山種美術館、日本経済新聞社
概要
琳派の祖といわれる本阿弥光悦 (ほんあみ こうえつ) が京都洛北の鷹峯 (たかがみね) に“芸術村”をひらいてから本年で400年を迎えます。これを記念して、山種美術館では琳派と琳派に連なる美意識に着目した展覧会を開催いたします。
俵屋宗達 (たわらや そうたつ)、本阿弥光悦が創出した美の系譜は江戸時代を通じて脈々と受け継がれ、明治以降の日本画家にも多くの影響を与え続けています。宗達、光悦にはじまり、尾形乾山 (おがた けんざん)、酒井抱一 (さかい ほういつ)、鈴木其一 (すずき きいつ)にいたる琳派特有の画題や季節感を表した作品。近代・現代の日本画において琳派の装飾的な意匠やたらし込みなどの技法を取り入れた作品。そして琳派に通じる季節感、とりわけ琳派の造形にも多く登場する秋の情趣が感じられる作品という、3つの切り口から本展覧会をお楽しみいただきます。琳派と近代・現代の日本画の中に表現された日本の秋の風情をご堪能ください。
イベント情報
〔事前予約制〕
美術文化フォーラム1:琳派400年記念 琳派―受け継がれる美の系譜
日時:2015年9月5日(土) 13:30~16:10
講演1「琳派400年記念 琳派と秋の彩り」
山﨑 妙子 〔山種美術館 館長〕
講演2「琳派―日本人の原点-宗達・光琳に繋がる近・現代の日本画-」
中島 千波 氏 〔日本画家・東京藝術大学名誉教授〕
講演3「琳派とやまと絵―雅と粋のデザイン文化―」
藤澤 紫 氏 〔國學院大學 文学部教授(特別専任)〕
会場:國學院大學 学術メディアセンター(AMC) 常磐松ホール
(東京都渋谷区東4-10-28 國學院大學渋谷キャンパス内)
※山種美術館より徒歩約5分
主催:山種美術館、國學院大學
定員:270名 (先着順)
参加費:無料
【お申し込み方法】
FAX・インターネットの場合:詳細は國學院大學HPまたは美術文化フォーラム1のチラシをご覧ください。
郵送の場合:往復はがきに、住所、氏名(返信面にも)、電話番号、イベント名を明記の上、
〒150-8440 東京都渋谷区東4-10-28 國學院大學博物館「美術文化フォーラム1」係まで。
*参加申込が受理されましたら、國學院大學より先着270名の方に受講票を発行いたします。
*先着順により定員に達し次第、応募を締め切らせていただきます。
*当日講師による展覧会場でのギャラリートークはございません。

平成27年度文化庁 地域の核となる美術館・歴史博物館支援事業
東京・渋谷から日本の文化を国際発信するミュージアム連携事業
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2015/400.html
展覧会問合せ先
ハローダイヤル 03-5777-8600
(電話受付時間 8:00~22:00)
会場住所
〒150-0012
東京都渋谷区広尾3-12-36
交通案内
【徒歩でのアクセス】
▶ JR 恵比寿駅西口・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 2番出口より
徒歩約10分

【バスでのアクセス】
▶ 恵比寿駅前より
日赤医療センター前行 都バス(学06番)に乗車、
「広尾高校前」下車 徒歩1分

▶ 渋谷駅東口ターミナルより
日赤医療センター前行 都バス(学03番)に乗車、
「東4丁目」下車 徒歩2分

【お車でお越しの方へ】
当館は専用の駐車場がございません。周辺の駐車場をご利用下さい。
ホームページ
http://www.yamatane-museum.jp/
東京都渋谷区広尾3-12-36
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索