タイトル等
朝倉文夫コレクションⅡ「硝子」
会場
台東区立朝倉彫塑館
会期
2002-09-28~2002-10-31
休催日
月・金曜日(但し、祝日の時は開館し翌日休み)
開催時間
午前9時30分~午後4時30分まで
観覧料
一般400円(300円)/小・中学生150円(100円)
*( )内は20名以上の団体料金
主催者
財団法人 台東区芸術文化財団
概要
朝倉文夫は、日々の制作の傍ら、俳句に釣りに、また書画や工芸を楽しみ、文人趣味の世界に遊んだ作家でした。
朝倉のガラス蒐集は、ガラス工芸がまだ美術品として評価される以前―大正時代―に始めらました。大正6年の<島津三侯像>の制作がそのきっかけとなったのですが、薩摩切子・乾隆ガラスを中心にコレクションは数百点におよびました。その大部分は現在サントリー美術館の所蔵となっています。
本展覧会は、旧朝倉コレクションと、現在朝倉彫塑館が所蔵する鼻煙壺(乾隆ガラス)などの、朝倉が日頃手元において楽しんだ小品から精選し、展観いたします。
ホームページ
http://www.taitocity.net/taito/asakura
展覧会問合せ先
03-5828-8731
会場住所
〒110-0001
東京都台東区谷中7-18-10
交通案内
JR、京成線、日暮里・舎人ライナー
日暮里駅 北改札口を出て 西口から徒歩5分
ホームページ
http://www.taitocity.net/zaidan/asakura/
東京都台東区谷中7-18-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索