タイトル等
眞島竜男
無題(Live Die Repeat)
会場
TARO NASU
会期
2015-05-23~2015-06-20
休催日
日月祝
開催時間
10:00~18:00
火―土 10:00―18:00
概要
5-6月のTARO NASUは眞島竜男展を開催いたします。

TARO NASUでは3年ぶり、3回目の個展となる本展では、2012年の個展「無題(栄光の彼方に)」の続編として2012年以降のクルーズ主演作のポスター4点を追加したインスタレーションを展示予定。

眞島はその制作を通じて、一貫してアイデンティティの問題をとりあげてきた。個人や文化、そして国家のアイデンティティが、フィクションとノンフィクションの境界線を横断しながら複雑な交錯をみせる本シリーズは、1999年に発表して以来、on going projectとして発展を続けている。

ミスター・アメリカを演じ続けてきた世界的スター、トム・クルーズのポスターは、現代社会におけるヒーローの典型的イメージを抽出するのみならず、絶大な影響力を世界に誇ってきたアメリカ大衆文化の変遷を映し出す鏡像でもある。

さらに本作品が、肖像画をめぐる虚実のかけひきという古典的な問題点を指摘しながら、あらためて、「セルフィー」時代の今日における肖像画の意味と機能を問いなおしていることにも注目しなければならない。

アメリカ文化のアイコンとして提示されるトム・クルーズのイメージであるが、一方でクルーズを個人的に知る近親者にとってはこれらのポスターはひとりの人間としてのトーマス・クルーズ・メイポーザー4世(トム・クルーズの本名)の人生の軌跡を綴った一種の写真アルバム、いわば個人的なイメージの年代記ともなりうるであろう。家族アルバムに写真が増えるごとく、主演作品が増えるたびに展覧会を構成する作品が増えてゆく。クルーズの活動を反映しながら、“展示”と”パフォーマンス”の中間の存在として本作品は不定期に継続されてゆくのである。
イベント情報
**Reception for the artist : 2015年5月23日 17:00―19:00
ホームページ
http://www.taronasugallery.com/exh/exh_123.html
会場住所
〒101-0031
東京都千代田区東神田1-2-11
交通案内
都営新宿線「馬喰横山駅」A1出口より徒歩2分
JR横須賀選・総武線快速「馬喰町駅」西口2番出口より徒歩2分
日比谷線「小伝馬町駅」2番・4番出口より徒歩6分
JR総武線各駅停車「浅草橋駅」西口より徒歩8分
ホームページ
http://www.taronasugallery.com/
東京都千代田区東神田1-2-11
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索