タイトル等
誕生! 碧南発 行動美術
―今70年の時を経て蘇るあの時の熱情を―
会場
碧南市藤井達吉現代美術館
会期
2015-09-01~2015-10-18
休催日
月曜日 (ただし9月21日、10月12日(月・祝)は開館、10月13日(火)は休館)
開催時間
10時~18時
入場は17時30まで
観覧料
一般 600円(480円)、高大生 400円(320円)
小中学生 200円(160円)
( )内は20名以上の団体料金
未就学児童、市内在住・在学の小中学生・高校生、市内在住の65歳以上の方、各種障がい者手帳をお持ちの方と付き添い1名は無料。受付に証明証をご提示ください。
主催者
碧南市藤井達吉現代美術館、碧南市、碧南市教育委員会
協賛・協力等
共催=中日新聞社、東海テレビ放送 後援=行動美術協会 協力=名古屋鉄道
概要
このたび、1945(昭和20)年に現在の碧南市において行動美術協会が結成されたことを記念した企画展を開催致します。
終戦間もない1945(昭和20)年の10月下旬に、現在の碧南市棚尾地区にある妙福寺に、東は東京、西は関西方面からリュックを担いだ7人の画家たちが参集しました。彼らは戦前から美術の在野団体の雄として知られた二科会所属の中堅実力作家たちでした。彼らは戦後復活宣言をした二科会執行部の以前と変わらない体質に反旗を翻し、新たな美術団体を発足させるため、協議の場として当地に参集したのでした。そして、翌月には東京において行動美術協会の設立宣言を行い、戦後美術の展開に新たな一石を投じました。この戦後美術の一展開に当地域が関わりを持ったという歴史的事実は、創立会員の向井潤吉が『行動美術三十五年の小史』において、愛知の碧南市は行動美術協会発祥の地であると記述しています。
そこで本展では、戦後70年、戦後美術の一展開に当地域が関わりをもったことを記念し、碧南にある妙福寺に全国から集まった創立会員7人を中心に、初期会員や中部地区から出品した行動美術協会の作家たちの作品をご紹介することと致しました。
これにより、当時の美術動向の一断面や、それに関わった当地域の戦後史を検証します。今70年の時を経て蘇る“あの時の熱情”を感じ取っていただければ幸いです。
イベント情報
①講演会
日時:9月12日(土) 14時~15時30分
会場:当館1階多目的室
講師:橋本善八氏 (世田谷美術館学芸部長)
演題:「行動美術協会発足の頃 ―向井潤吉を中心として―」(仮称)

②ワークショップA
「アクリル画に挑戦」
F4号のキャンバスボードに静物画を描きます。
※昼食は各自ご用意ください。絵具や筆等の道具一式は美術館で用意しますが、ご自分の道具がある方はお持ちください。
日時:9月20日(日) 10時~15時
会場:当館地下1階創作室
講師:新美晳也氏 (行動美術協会会員)
対象:中学生以上
参加費:1,000円 (材料費含む)
定員:12名

③ワークショップB
「行動美術の熱情を体現しよう!」
アクリル絵具を使って気楽に表現してみましょう。
日時:9月19日、26日、10月3日の土曜日の15時~16時
会場:当館地下1階創作室
対象:どなたでも (申込不要)
参加費:無料

①②の申込方法
8月4日(火)より受付を始め、定員になり次第締め切ります。
電話にて氏名、電話番号、参加人数をお知らせください。
②の参加費は当日お支払いです。お申込みいただいた個人情報は受講管理の目的のみに使用します。

ギャラリートーク (担当学芸員による展示説明会)
9月5日、19日、26日、10月3日、10日、17日の土曜日
14時から 30分程度
予約不要 観覧券をお持ちの上、2階ロビーにお集まりください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/kodo.html
会場住所
〒447-0847
愛知県碧南市音羽町1-1
交通案内
名鉄碧南駅より美術館まで徒歩約6分

■名鉄線ご利用の場合 名鉄本線「知立駅」乗り換え、三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■JR東海道線と名鉄線ご利用の場合 JR「刈谷駅」乗り換え、名鉄三河線「碧南駅」下車、南西方向へ徒歩約6分
■知多半島道路・阿久比インターから車で20分(衣浦大橋を渡って右折)
■駐車台数に限りがございますので、公共交通機関等をご利用ください。
ホームページ
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/
愛知県碧南市音羽町1-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索