タイトル等
吉田喜彦とうつくしいものたち
会場
岐阜県現代陶芸美術館
ギャラリーⅡ
展示室/A,B,C,D
会期
2015-08-08~2016-02-14
Ⅰ. 2015年8月8日(土)~10月4日(日)
Ⅱ. 2015年10月10日(土)~12月6日(日)
Ⅲ. 2015年12月12日(土)~2016年2月14日(日)
3期に分けて展示します
休催日
月曜日 (祝日の場合は翌平日)
2015年12月7日(月)~12月11日(金) (展示替のため)
2015年12月28日(月)~2016年1月4日(月) (年末年始)
開催時間
午前10時~午後6時
入館は午後5時30分まで
観覧料
一般 330円(270円)、大学生 220円(160円)、高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金
11月3日(火・祝) 文化の日は全館無料開放
主催者
岐阜県現代陶芸美術館
概要
こころのまゝに

本展覧会は、岐阜県可児市在住の陶芸家吉田喜彦の60年におよぶ創作活動に迫るものです。
1936年に栃木県宇都宮市に生まれ、幼いころから様々な芸術に親しんできた吉田は、高校卒業後陶芸を志し濱田庄司(1894-1978)に弟子入りを志願します。この希望は叶いませんでしたが、濱田の助言のもと岐阜県可児市の大萱に窯を構えていた荒川豊蔵(1894-1985)を訪ね、そこで作陶の修行を積むこととなりました。
吉田は、ものをみることをその確かな技術と同様に大切にします。国や時代を問わず、「こころのまゝに」蒐集したという民族美術などのコレクションは、吉田の静謐でいてあたたかい作品と、厳しくも穏やかな創作姿勢をよくあらわしています。
本展では、吉田喜彦の新作を含む代表作およそ70点に加え、吉田が蒐集したコレクションの中から土器、陶磁器、書、染織、版画、家具などあわせて約110点を3期に分けて展示し、吉田の創作活動をその源流から紹介します。
イベント情報
(詳細及び申込方法はHP等でご確認ください)

記念対談「吉田喜彦と語る~現代美術の視点から」
2016年1月17日[日] 13:30より
水沢勉 (神奈川県立近代美術館館長)×吉田喜彦

作家によるギャラリートーク 各回13:30より
Ⅰ.2015年8月8日(土)
Ⅱ.2015年10月10日(土)
Ⅲ.2015年12月12日(土)

ギャラリートーク
毎週日曜日(講演会開催日を除く) 15:00より
当館ボランティアスタッフによるギャラリートークを行います。
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum/02.exhibition/02_2.exhibition.html
会場住所
〒507-0801
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
交通案内
[お車でのアクセス]

■ 東京→小牧JCT→多治見
(東名高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

■ 大阪→小牧JCT→多治見
(名神高速、小牧JCT経由 中央自動車道)

【中央自動車道・多治見ICから】
国道19号を土岐・中津川方面に 約5km
→ 東町1の交差点を右折

【東海環状自動車道・土岐南多治見ICから】
国道19号を多治見・名古屋方面に 約1km
→ 東町1の交差点を左折

※駐車場無料・一般車312台収容

[公共交通機関でのアクセス]

■ JR多治見駅までのアクセス方法
・東京方面… 東京→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅
・大阪方面… 大阪→(新幹線)→名古屋→(JR中央本線)→JR多治見駅

■ JR多治見駅から岐阜県現代陶芸美術館へのアクセス方法
①多治見市コミュニティーバス (ききょうバス)
…土・日・祝日のみ運行
料金:¥200 所要時間約25分
オリベルート「セラミックパークMINO」下車
※1日乗り放題フリーパス(300円)あり。

②東鉄バス
料金:¥270 所要時間約15分 (下車後、徒歩約10分)
・多治見駅前(南口) 東鉄バス3番乗り場より 【妻木線】もしくは【瑞浪=駄知=多治見線】のどちらかに乗車
・停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』下車 (バス停から施設まではバス停に取り付けられた案内板をご参照ください。)
※1. 【妻木線】で「タウン滝呂」経由の便は 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』を通りませんのでご注意ください。
※2. 停留所『セラパーク・現代陶芸美術館口』は、上りと下りではバス停の場所が違いますので、ご注意ください。

③タクシー 所要時間約10分
ホームページ
http://www.cpm-gifu.jp/museum
岐阜県多治見市東町4-2-5 (セラミックパークMINO内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索