タイトル等
没後10年 長新太 (ちょう しんた) の脳内地図展
ヘンテコ絵本の王さまはどこにいる?
会場
横須賀美術館
会期
2015-09-12~2015-11-03
休催日
10月5日(月)、11月2日(月)
開催時間
10時~18時
観覧料
一般 800(640)円、高大・65歳以上 600(480)円
中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金および前売り料金 (前売りは9月11日まで)
*前売り券は美術館受付、横須賀芸術劇場チケットセンター(横須賀芸術劇場1階、横須賀中央駅モアーズシティ1階)でお求めになれます
*市内在住在学の高校生は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料

11月3日(火・祝)は無料観覧日
主催者
横須賀美術館、NHKプロモーション
協賛・協力等
企画協力:ちひろ美術館、刈谷市美術館 / 特別協力:宮城県美術館
協力:あかね書房、絵本館、偕成社、教育画劇、クレヨンハウス、佼成出版社、講談社、こぐま社、小学館、童心社、徳間書店、BL出版、ビリケン出版、福音館書店、復刊ドットコム、文渓堂、文研出版、ポプラ社、理論社
後援:絵本学会、子どもの本WAVE、(公社)全国学校図書館協議会、(一社)日本国際児童図書評議会、日本児童図書出版協会、(公社)日本図書館協会
概要
長新太(ちょう・しんた)は、1949年にマンガ家としてデビューし2005年に亡くなるまで、漫画家、イラストレーター、エッセイスト、絵本画家として八面六臂の活躍をしました。とりわけ絵本の世界に「ナンセンス」の分野を切り開いたといわれる児童向け絵本の仕事は高く評価され、現在も世代を超えて多くの人々に愛されています。
本展は、絵本や子どもの本の原画のほか、大人向けに発表された漫画やイラストレーション、エッセイなどをまとめて紹介し、長新太の柔軟で斬新な発想の源を改めて探っていこうというものです。「イマジネーション」、「センスとナンセンス」の2部構成で、10のテーマから約300点の作品を展示し、迷宮のように広がる奇想天外な長新太の脳内にご案内します。絵本作家として初期の作品となる『がんばれさるのさらんくん』(1958年)や、ページを繰るごとにがらりと変化する色調が美しくも楽しい『三びきのライオンのこ』(1961年)、ナンセンス絵本の傑作『ごろごろにゃーん』や、最晩年の作品『ころころにゃーん』など、当館でのみ出品される作品もあるので、この機会をぜひお見逃しなく。
イベント情報
*詳細はHPをご確認ください。

■講演会
「長新太の絵本の方法―編集者がみた2冊のラフ」
講師:土井章史 (トムズボックス代表、フリー編集者)
日時:9月20日[日] 14時~
会場:ワークショップ室
定員:先着50名様
直接会場へお越しください。参加には観覧券が必要です。

■学芸員によるギャラリートーク
日時:9月26日[土] 14時~
会場:1階展示室
直接会場へお越しください。参加には観覧券が必要です。

■ワークショップ「あみあみ顔祭り」
ニッティングマシンで変身装置をつくり、長新太の絵本の世界に入りこもう!
講師:203gow (編み師)
日時:10月18日[日] 13時~17時
会場:ワークショップ室
対象:小学生
定員:抽選20名様
参加費:1人300円
*事前申込制。10月5日[月]必着。

■親子向けギャラリーツアー
日時:10月24日[土] 11時~12時
対象:5歳から小学4年生の子どもとその保護者
定員:抽選5組
*事前申込制。10月12日[月・祝]必着。
保護者の方は観覧券が必要です。

申込方法:イベント名、代表者の氏名、郵便番号、住所、電話番号、参加する全員の氏名、年齢を明記の上、Eメール(art-event@city.yokosuka.kanagawa.jp)かハガキ(〒239-0813 横須賀市鴨居4-1)で「長新太関連イベント係」へ。締切後、抽選結果を代表者へお知らせいたします。

託児サービス
9月25日(金)・10月13日(火)の13:30~16:00、および講演会開催時に託児サービスを実施します (定員5名、事前申込制、対象は1歳~未就学児、締切は各実施日の2週間前まで)。詳細は当館HPをご覧ください。

●市内図書館での関連イベント

■没後10年 長新太『へんてこ・さかさま・地平線』絵本100冊 展示
会期:9月12日[土]~11月3日[火・祝] ※入場自由
場所:横須賀市立児童・北・南図書館

■どの本よもうかな? 第90号
児童図書館員がお勧めするブックリスト「どの本よもうかな?」第90号は長新太さんの絵本特集! ぜんぶで12冊を紹介します。9月12日[土]より、下記の場所で配布します。
場所:横須賀市立中央・児童・北・南図書館、横須賀美術館、田浦・逸見・衣笠・大津・浦賀・北下浦・武山・西・長井コミュニティセンター図書室、生涯学習センター図書室

■どっぷりつかろう
長新太『ブキャッ』な世界
~おはなし会とプサルタコンサート~
日時:9月19日[土] 14時~15時
対象:幼児~小学生と保護者
定員:先着70名・無料
場所:横須賀市立児童図書館 2階おはなしの部屋
※本展は、横須賀市教育委員会の「第2次横須賀市子ども読書活動推進計画(第2次愛読プラン)」事業の一環として開催されます。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/1503.html
会場住所
〒239-0813
神奈川県横須賀市鴨居4-1
交通案内
電車・バスをご利用の場合

■東京・横浜方面からお越しの場合、品川駅もしくは横浜駅から 京浜急行線 がオススメです。
■逗子・鎌倉・藤沢など神奈川県西部からお越しの場合、JR横須賀線 がオススメです。

【京浜急行線をご利用の場合】
・「馬堀海岸」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24、堀24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約10分) 下車、徒歩約2分。
料金:250円 (交通ICカード利用の場合 247円)

・「浦賀」駅 1番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (浦3、堀25) 終点「観音崎」(約15分)下車、徒歩約5分
料金:220円 (交通ICカード利用の場合 216円)

【JR線をご利用の場合】
・「横須賀」駅 3番乗り場から京急バス
「観音崎」行 (須24) 「観音崎京急ホテル・横須賀美術館前」(約35分) 下車、徒歩約2分。
料金:410円 (交通ICカード利用の場合も同じ)

*最寄駅からタクシーをご利用の場合
・京浜急行線「馬堀海岸駅」から約7分 料金1,500~1,600円程度
・京浜急行線「浦賀駅」から約10分 料金1,700~1,800円程度


お車をご利用の場合

・横浜横須賀道路 馬堀海岸ICから 3km (約5分)
・横浜横須賀道路 横須賀ICから 11km (約35分)、本町山中有料道路を経て国道16号を東進

⇒カーナビを利用される方は、まだ登録をされていない場合がありますので、「観音崎京急ホテル (横須賀市走水2-1157-2)」を目的地に設定してください。
美術館は観音崎京急ホテルの斜向かいになります。
ホームページ
http://www.yokosuka-moa.jp/
神奈川県横須賀市鴨居4-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索