タイトル等
生誕100年記念
写真家 濱谷浩展
会場
平塚市美術館
会期
2015-07-18~2015-09-06
休催日
月曜日 ただし、7月20日(月)は開館、翌21日(火)は休館
開催時間
9:30~18:00
(入場は17:30まで) 9月1日(火)からは17:00まで開館 (入場は16:30まで)
観覧料
一般 200(140)円、高大生 100(70)円
*( )内は20名以上の団体料金 *中学生以下、毎週土曜日の高校生は無料 *各種障がい者手帳の交付を受けた方及び付添1名は無料 *65歳以上で平塚市民は無料、市外在住者は団体料金 (年齢、住所を確認できるものをご提示ください)
主催者
平塚市美術館
協賛・協力等
特別協力=濱谷浩写真資料館
概要
濱谷浩 (はまや ひろし)(1915-1999)は東京下谷で生まれ、後年は大磯に居を構えた世界的に著名な写真家です。15歳のときに父の友人からカメラを贈られたことをきっかけに写真に情熱を傾けるようになります。高校卒業後に銀座のオリエンタル写真工業に勤め、本格的に写真の技術や知識を身に付けると、まもなくフリーランスのカメラマンとして活動を始めました。1939(昭和14)年に雑誌の取材で新潟県の高田市を訪れ、雪国の厳しい風土とそれに立ち向かう人々の営為に感銘を受け、以降、日本の風土と人間の関係を突き詰めた写真を撮影するようになります。
その後、高度成長期を迎えた日本においてテレビが普及し、報道の機動性、速報性、同時性などの面でその影響力が増していく中で写真表現の可能性を模索した濱谷は、エヴェレストをはじめ世界に残された自然の撮影旅行を開始します。
人間の生を深く洞察し、大自然の極限の様相に迫るカメラワークは国内外で高く評価され、1987(昭和62)年写真界のノーベル賞と称される「ハッセルブラッド国際写真賞」を受賞しました。本展では大きく変動する昭和という時代に生き、カメラを通して「人間が生きるとは何か」ということを真摯に問いかけた濱谷の生誕100年を記念して、その軌跡をご紹介します。
イベント情報
ギャラリートーク「濱谷さんとの出会い」
話し手 多田亞生氏 (編集者)、聞き手 当館学芸員
8月1日(土) 14:00~15:00
展示室Ⅰ (*申込不要、要観覧券)
ホームページ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/2015204.htm
会場住所
〒254-0073
神奈川県平塚市西八幡1-3-3
交通案内
JR東京駅から東海道線、または新宿駅から湘南新宿ライン(直通)で約1時間。 JR平塚駅から徒歩20分。 または平塚駅東改札口(北口)より神奈川中央交通バス 4番乗り場乗車「美術館入口」または「コンフォール平塚前」下車。 無料駐車場70台。
ホームページ
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
神奈川県平塚市西八幡1-3-3
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索