タイトル等
企画展
若林奮 飛葉と振動
会場
府中市美術館
企画展示室、前庭
会期
2016-01-09~2016-02-28
休催日
1月11日をのぞく月曜日、1月12日(火)、2月12日(金)
開催時間
10:00~17:00
入場は16:30まで
観覧料
一般 700円(560)、大学生・高校生 350円(280)、中学生・小学生 150円(120)
※( )内は20名以上の団体料金 ※未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料
※常設展もご覧になれます ※府中市内の小中学生は「学びのパスポート」で無料
主催者
府中市美術館、WAKABAYASHI STUDIO、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
協力:(株)カシマ、ケンジタキギャラリー、多摩美術大学若林奮研究会、横田茂ギャラリー、日本通運
協賛:ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
助成:公益財団法人ポーラ美術振興財団
出品協力:独立行政法人国立美術館 東京国立近代美術館
概要
1960年代初め、鉄を直接刻み、溶接する作品で鮮烈なデビューを飾った若林奮(1936-2003)。その後も国内画での発表を重ね、ヴェネツィア・ビエンナーレ代表を2度つとめるなど、戦後日本を代表する彫刻家として活躍しました。
没後13年を経て企画された本展は、その創作活動を振り返るとともに、これまで十分に紹介されてこなかった「庭」をめぐる制作に光をあて、関連する彫刻作品やドローイング、資料や新規撮影の写真と映像によって紹介します。
若林奮は石や木、石膏、鉛、銅、硫黄など、多様な素材を自由につかい、また水彩、素描、版画、小さなオブジェ、本と、さまざまな形式を選択しました。「庭」もまた、大気、水、植物、光や、時間を素材とした彫刻であると見るとき、形式を限定させずに彫刻の可能性を追求した、若林奮の視野の広さを感じることができるのではないでしょうか。
若林奮は、多摩・武蔵野で生まれ育ち、晩年まで生活と制作の基盤をこの地におきました。府中市美術館では特別に、前庭に恒久設置されている《地下のデイジー》の構想画、鉄の大作《DAISY IV》、そして初期の傑作《雨―労働の残念》(武蔵野美術大学 美術館・図書館蔵)等を展示し、自らの立つ土地に注いだ若林奮の思いをたどります。
イベント情報
講座室 無料・予約不要 14:00~

ラウンド・トーク1
「若林奮アーカイヴ ドローイング調査の成果とこれから」
1月31日(日)
出演:小泉俊己 (彫刻家、多摩美術大学教授)、渡部葉子 (慶応義塾大学アートセンター教授/キュレーター)

ラウンド・トーク2
「私たちが若林さんから受け取ったこと」
2月13日(土)
出演:袴田京太朗 (彫刻家、武蔵野美術大学教授)、千葉正也 (画家)、諏訪未知 (画家)、森啓輔 (ヴァンジ彫刻庭園美術館学芸員)

講座
「《地下のデイジー》の階段を下りる―ドローイングから見えてくるもの」
1月16日(土)
講師:神山亮子 (当館学芸員)
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/kikakuten/kikakuitiran/wakabayashi.html
会場住所
〒183-0001
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
交通案内
京王線の府中駅から、「ちゅうバス」のご利用が便利です。
府中駅までは、京王線新宿駅から、特急、準特急で約20分です。

■ 電車をご利用の場合

京王線 府中駅から
・ちゅうバス(多磨町行き) 「府中市美術館」下車すぐ
府中駅バスターミナル8番乗り場から、8時から毎時30分間隔で運行。運賃100円 (現金もしくは回数券のみ)
・京王バス 武蔵小金井駅行き(一本木経由、武71) 「天神町二丁目」下車すぐ
・京王バス 武蔵小金井駅行き(学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・京王バス 国分寺駅南口行き(東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

京王線 東府中駅北口から
・徒歩17分
・ちゅうバス(府中駅行き)「府中市美術館」下車すぐ
8時5分から毎時30分間隔で運行。運賃100円

JR中央線 武蔵小金井駅南口から
・京王バス 府中駅行き (一本木経由、武71) 「一本木」下車すぐ
・京王バス 府中駅行き (学園通り経由、武73) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR中央線 国分寺駅南口から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、寺92) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分

JR武蔵野線 北府中駅から
・京王バス 府中駅行き (東八道路経由、府02) 「天神町幼稚園」下車徒歩8分
・注記:1時間に1本の運行です。
・注記:お帰りの最終便は美術館閉館時間前です。ご利用の際は、ご確認ください。

■ 自動車をご利用の場合
・調布インターチェンジから 約3.5キロメートル
・国立・府中インターチェンジから 約4.4キロメートル
・八王子方面からのアクセスは、府中スマートインターチェンジをご利用いただけます。お帰りはETC搭載車のみ通行可能です。

府中市臨時駐車場(無料・約60台収容可)をご利用下さい。
ホームページ
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
会場問合せ先
ハローダイヤル 03 (5777) 8600
東京都府中市浅間町1-3 (都立府中の森公園内)
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索