タイトル等
池田清明
会場
笠岡市立竹喬美術館
会期
2015-05-23~2015-07-12
休催日
毎週月曜日
開催時間
9:30~17:00
入館は16:30まで
観覧料
一般 800円(650)・高校生 500円(350)・小中学生 300円(150)
( )内は団体20名以上
前売りは一般個人のみ 700円
笠岡市内の小中学生及び笠岡市内の65歳以上は入館無料 (要証明)
主催者
笠岡市立竹喬美術館
概要
このたび笠岡市立竹喬美術館では、笠岡市出身の洋画家・池田清明(1951~ )の画業を回顧する展覧会を開催します。
清明は岡山県立笠岡高等学校在学中の昭和43(1968)年に、地元の一水会会員・与志見登野に手ほどきを受け、油絵を描き始めます。昭和45(1970)年大阪芸術大学に進学。卒業後の昭和50(1975)年に大阪府立高等学校の美術科教諭に採用され、多忙な教務の合間をぬって制作に努める日々を送ります。昭和51(1976)年、第38回一水会展に《鍛冶屋》が初入選し、この年より後に一水会常任委員・日展評議員となる川上一巳に師事します。以降、生徒や卒業生をモデルとした人物画を、一水会展に出品して、着実に入選や受賞を重ねていきます。さらに昭和62(1987)年の第19回日展で《セブンティーン》が初入選を果たし、活躍の場を日展へとひろげ、次第に娘たちをモデルとした作品も手がけるようになります。そして平成3(1991)年の第23回日展で《バレリーナ(黒いレオタード)》、平成12(2000)年の第32回日展で《朝の調べ》が特選を受賞し、現代絵画界で高い評価を得ます。この平成12年には教職を辞し画業に専念して、個展の開催や21世紀展への出品など、意欲的な制作を続け今日におよびます。
清明の描く人物画は、率直で平明です。濁りのない澄明な色彩を丹念に用いて、滑らかなマチエールを獲得しており、画面からは清純優美なムードが醸し出されています。その世界は思慕するエドゥワール・マネを想起させ、また小磯良平のよき後継者とも目されます。
初めての回顧展となる今回の企画では、四十数年にわたる清明の画業を、65点の代表作でたどり、たぐい稀なる技巧によって達成された現代人物画の高みを多くの方々に認識していただきたいと思います。
イベント情報
◎講演会
「私の目指した芸術」
池田清明氏 5月24日(日) 13:30~15:00

「池田清明と現代洋画の人物表現」
上薗四郎 (当館館長) 6月21日(日) 13:30~15:00

いずれも竹喬美術館視聴覚室にて
聴講無料(要入館料) 要申込(tel.0865-63-3967)

◎ギャラリートーク
池田清明氏 6月13日(土)・27日(土)、7月12日(日)
当館学芸員 5月31日(日)、7月5日(日)
いずれも13:30~14:30 聴講無料(要入館料)、申込不要
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/seimei.html
会場住所
〒714-0087
岡山県笠岡市六番町1-17
交通案内
山陽自動車道 笠岡I.C.から 15分

JR山陽本線 笠岡駅から
・タクシー 5分

・徒歩 25分

・笠岡駅前4番のりば
神島(こうのしま)循環 / 乗時(のりとき)行き / 美の浜(みのはま)行き
「市民会館・竹喬美術館前」下車すぐ
所用5分・150円
ホームページ
http://www.city.kasaoka.okayama.jp/site/museum/
岡山県笠岡市六番町1-17
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索