タイトル等
企画展
歌麿とその時代
―黄金期の浮世絵
会場
茨城県天心記念五浦美術館
会期
2015-04-08~2015-05-31
休催日
月曜日 (ただし5月4日(月・祝)は開館、5月7日(木)は休館)
開催時間
午前9時~午後5時
入館は午後4時30分まで
観覧料
一般 620(510)円 / 高大生 410(310)円 / 小中生 210(150)円
※( )内は20名以上の団体料金
※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
※土曜日は高校生以下無料
主催者
茨城県天心記念五浦美術館
協賛・協力等
監修 中右瑛 (なかうえい) (国際浮世絵学会 常任理事)
企画協力 E.M.Iネットワーク
後援 茨城新聞社、朝日新聞水戸総局、毎日新聞水戸支局、 読売新聞水戸支局、産経新聞水戸支局、東京新聞水戸支局、NHK水戸放送局、北茨城市
概要
上半身をクローズアップして描く「美人大首絵」を確立した喜多川歌麿は、女性の仕草や表情を繊細に描写するだけでなく、におい立つような色香や内面までも見事に表現して美人画の第一人者と謳われました。また、同時期に美人画と並んで人気を博した役者絵では、写実的な似顔絵を得意とした勝川春章や歌川豊国、役者の一瞬の表情を大胆に表現した東洲斎写楽らが活躍し、浮世絵は最盛期をむかえました。
本展では、中右コレクションより寛政期から文政期(18世紀末から19世紀前半)を中心に、肉筆画を含む135点を展示し、江戸町人文化の賑わいとともに花開いた黄金期の浮世絵の魅力を紹介します。また、日本きもの文化美術館の協力により、浮世絵にも登場する花魁(おいらん)道中着やかんざし等も特別展示します。
イベント情報
講演会「歌麿とその時代 浮世絵は謎がいっぱい」
日時 5月10日(日) 午後1時30分~午後3時
講師 中右瑛氏 (国際浮世絵学会 常任理事)
場所 講堂
定員 114名
聴講料 無料 ※当日までに、お電話または館内総合案内までお申込みください

映画会 (午後2時~ / 講堂 / 入場無料 / 定員114名)
4月12日(日)
「百万長者と結婚する方法」 1953年、96分、モノクロ、アメリカ
― チャールズ・ディケンズ特集 ― (午後1時30分~、5分程度の休憩あり)
5月2日(土)
「デビット・コパーフィールド」 1999年、180分、カラー、イギリス
5月3日(日)
「大いなる遺産」 1999年、183分、カラー、イギリス

展覧会担当によるギャラリートーク
展開担当が企画展の展示解説を行います。
日時 4月25日(土)、5月17日(日) 各日午後1時30分~ (1時間程度)
集合場所 企画展示室入口 ※企画展入館券をご用意ください。

浮世絵摺り体験コーナー
日時 展覧会開催期間中の土・日・祝日 各日午前10時~午後4時
場所 講座室 ※無料
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/02_tenrankai/01_kikaku.html
会場住所
〒319-1703
茨城県北茨城市大津町椿2083
交通案内
電車: JR常磐線にて大津港駅下車。タクシーで約5分。
車: 常磐自動車道、北茨城インター及びいわき勿来インターから約15分。
ホームページ
http://www.tenshin.museum.ibk.ed.jp/
茨城県北茨城市大津町椿2083
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索