タイトル等
新見美術館開館25周年・テレビせとうち開局30周年記念特別展
ウルトラセブン展
会場
新見美術館
会期
2015-07-04~2015-08-16
休催日
会期中無休
開催時間
9:30~17:00
入館は16:30まで
観覧料
一般 700(600)円 大学生 500(400)円 中高生 300(250)円 小学生 200(150)円
※( )内は15人以上の団体料金
※新見市内の小中学生は「こころふれあいパスポート」提示で観覧無料
※高梁川流域7市3町に在住の小学生は「高梁川流域パスポート」提示で土・日・祝日及び振替休日に限り観覧無料
主催者
新見市/新見市教育委員会/新見美術館/TSCテレビせとうち/NHKサービスセンター
協賛・協力等
特別協力:円谷プロダクション/講談社
企画協力:森次晃嗣、ひし美ゆり子、毒蝮三太夫、古谷敏
展示協力:西村祐次(M1号)
協賛:有限会社哲多町堆肥センター/食源の里 祥華
後援:岡山県郷土文化財団/公益社団法人岡山県文化連盟/山陽新聞社/産経新聞社/朝日新聞岡山総局/毎日新聞岡山支局/読売新聞岡山支局/中国新聞備後本社/新見市文化連盟/吉備ケーブルテレビ/備北民報社/備北新聞社/新見市観光協会
概要
円谷プロダクション制作の空想特撮シリーズ「ウルトラセブン」は昭和42(1967)年の初回放送以来、ファンの支持が高く特撮作品にとどまらない、SFテレビドラマ史上に輝く名作と言われています。
宇宙から地球侵略にやってきた宇宙人との迫力ある戦い、社会問題をテーマに取り扱うなどストーリー性豊かな脚本、魅力あふれるキャラクター、美術デザインなど、子どもたちの心を掴み、約半世紀経つ今日でも多くのファンをもつ作品です。
本展では、「ウルトラセブン」の魅力を再検証すべく、制作にかかわっていた関係者などの協力を得て、昭和42(1967)年当時の映像や本作品に登場した宇宙人、数々の資料を通じて、その「人気の秘密」に迫ります。
イベント情報
モロボシ・ダン隊員こと森次晃嗣トークショー [聴講無料]
(要観覧料)
■日時 7月19日(日) ①11:00~ ②14:00~
■会場 新見保育所
■定員 各回150名限定
[問い合わせ先]
新見美術館 電話(0867-72-7851)

ウルトラセブン撮影&握手会
8月2日[日] ①11:00~ ②13:30~ ③15:00~
<参加費無料> <要観覧料>
[各自カメラはご用意ください。]
会場 新見美術館エントランスホール (予定)
定員 各回60組限定 (整理券配布は各回30分前から行います)
※当日は混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用いただき、ご来館ください。
※都合により、イベントの内容が変更となる場合がございます。

特設コーナー
ウルトラセブンと写真を撮ろう!
ウルトラセブン、レオ、ゼロの人形といっしょに写真が撮れるコーナーを設置します。
[各自カメラはご用意ください。]
※「ウルトラセブン撮影&握手会」と「写真撮影コーナー」以外での撮影はお断りいたします。

抽選でウルトラアイが当たる!
ウルトラセブンクイズラリー
<申込不要> <要観覧料>
会期中随時開催しています。

ウルトラセブンぬりえコーナー
<申込不要> <要観覧料>
日替わりで、ウルトラセブンや宇宙人たちのぬり絵が登場するよ。
会期中随時開催しています。
会場住所
〒718-0017
岡山県新見市西方361
交通案内
● JR新見駅から、タクシーで5分、徒歩で10分

● JR新見駅まで
JR岡山駅から 伯備線下り(米子・出雲方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。
JR米子駅から 伯備線上り(新見・岡山方面)に乗車し、
特急「やくも」で約1時間、普通列車で約1時間30分かかります。

● 中国自動車道 新見インターチェンジから車で約7分

● 岡山方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
新見市役所前交差点を左折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。

● 米子方面から 国道180号線をご利用になりご来館されるお客様へ
高尾交差点を右折し、道路にある案内板に沿ってお進みください。
ホームページ
http://www.city.niimi.okayama.jp/usr/art/
岡山県新見市西方361
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索