タイトル等
北陸新幹線金沢開業・能越自動車道七尾氷見道路開通記念 企画展
アール・ヌーヴォーのガラス
ガレ、ドームが愛した自然
会場
石川県能登島ガラス美術館
展示室A・D
会期
2015-04-25~2015-07-05
休催日
5月19日(火)、6月16日(火)
開催時間
9:00~17:00
入館は閉館の30分前まで
観覧料
個人(高校生以上) 800円、中学生以下 無料
団体(20名以上) 700円
主催者
公益財団法人七尾美術財団、七尾市
協賛・協力等
●協力/ イセ文化財団、ウッドワン美術館、神谷美術
●後援/ NHK金沢放送局、北陸放送、石川テレビ放送、テレビ金沢、エフエム石川、ラジオななお
概要
アール・ヌーヴォーとは、19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパを中心に起こった、装飾美術の革新的な運動です。それまで、過去の様式や異国の美術を模倣した作品が作られた状況に対し、美術や工芸、建築を中心に、自然の植物にみられるような流動的な曲線模様を用い、華麗で自由な新しい表現が生まれました。また、日本美術の影響を受けて、自然の動植物の本質を見極め、デザインや造形にいかそうとする姿勢もみられます。
ガラス工芸の分野では、フランスの工芸家エミール・ガレやドーム兄弟が中心となり、数多くの優れた作品を作り出しました。彼らの作品には、自然界に実在する植物や生物の姿が表現され、生命が持つ力強さやはかなさ、そして美しさが感じられます。
本展では、ガレが1889年のパリ万国博覧会に出品した作品を含む優品約70点を「花」「森」「海」の3つのテーマに分けて展示します。2011年に「能登の里山里海」が世界農業遺産に登録されました。能登半島の自然豊かな島に建つ美術館で、自然の造形美を表現したアール・ヌーヴォーのガラス作品をぜひご覧ください。
イベント情報
スペシャルワークショップ
アール・ヌーヴォー風のフォトフレーム作り
様々な自然の動植物が描かれたアール・ヌーヴォーのガラスを真似て、ガラスのフォトフレームをデコレーションします。所要時間は約1時間です。
■日時/ 5月3日(日)・4日(月)
①10:00~、②11:00~、③13:30~、④14:30~
■参加費/ 500円
■定員/ 各回最大12人

のとじまガラス・スタイル
ガラス保存瓶の楽しみ方 能登の自然を詰めよう♪
能登で育ったいちごを使ったジャム作りのポイントをご紹介。また、ガラス保存瓶の活用法についてもご紹介します。調理したジャムの試食会もあります。
■日時/ 6月14日(日)
①10:00~12:00、②13:30~15:30
■講師/ ペンション ウインズ 前田 幹子氏
■会場/ 美術館別棟
■参加費/ 1,000円
■対象/ 20歳以上の方
■定員/ 各回10名 (要申込み)
■申込み期間/ 4月25日(土)~5月24日(日)
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/?p=1469
会場住所
〒926-0211
石川県七尾市能登島向田町125-10
交通案内
車で

北陸自動車道 金沢森本ICから のと里山海道に入り、徳田大津JCTから能越道の七尾方面に乗り換え、和倉ICで降りて左折します。
和倉から能登島大橋を渡り、県道47号線を直進、道の駅のとじま(交流市場)へ。
道の駅のとじま向いにある、丘の上の宇宙基地のような建物が美術館です。


電車とバスで

JR金沢駅から 七尾線に乗り換え、和倉温泉駅へ
能登島交通 路線バス 曲線「のとじま臨海公園行き」に乗車。(七尾駅前からでもバスに乗車できます。)「美術館前」で下車してすぐ。


タクシーで

和倉温泉駅から美術館まで、片道約20分。料金が高額になる場合がございますので、利用される際は運賃をご確認ください。


飛行機で

のと里山空港から美術館までは、車で約1時間。乗り合いタクシー「ふるさとタクシー」をご利用いただくとお得です。

小松空港からは、車で約2時間。最寄りのICから北陸自動車道に乗り、能登・七尾方面へお進みください。
ホームページ
http://nanao-af.jp/glass/
石川県七尾市能登島向田町125-10
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索