タイトル等
「国際博物館の日」記念事業
大木 茂 写真展 中国辺境の旅
―シルクロード・挑戦・長距離列車―
A1サイズ(約90cm×60cm)からA3サイズ、約120枚のカラー写真で構成する写真展
会場
やかげ郷土美術館
町民ギャラリー
会期
2015-04-25~2015-05-17
休催日
4/27、5/7、5/11
開催時間
午前9時~午後5時
観覧料
入場無料
主催者
やかげ郷土美術館
概要
写真展「汽罐車 (きかんしゃ)」の大木 茂が中国1万3千キロの旅を終えて矢掛に戻ってきた!

広大な中国本土の西と東の辺境の地を訪ねてみた。
前期高齢者の仲間入りをしたぼく(67歳)が昨秋30日間かけて中国辺境の地を旅した。
動機は単純で、シルクロードに憧れて「新・西遊記」をしてみよう、というわけだ。もう一つ、4千キロを超えて走る長距離列車に乗ってみたかった、ということもあった。
しかし、「聞くと見るでは大違い!」、現地に行くと予想も出来なかった、驚くことの連続だった。新疆ウイグル自治区ではウイグル族が、北朝鮮国境近くでは朝鮮族が、漢民族とは全く違う文化を持ち生活している姿を目の当たりにする。
民族を隔てて人為的に引かれた「国境」とは、住民たち個人の利益、権利より上位にある「国益」とは、「国家」とは一体何なのだろう。
中央集権、一党独裁のこの国の外れで、しばし考えさせられた。
4本の長距離列車に乗り、総計1万3千キロ、182時間の「汽車旅」をした。予算は少なく安宿に泊まる。スマートではなく、無駄ばかり多い旅だったが、まるでぼくの人生のようで、こんな旅が好きだ。
会場住所
〒714-1201
岡山県小田郡矢掛町矢掛3118-1
交通案内
井原線 矢掛駅から徒歩で7分

山陽新幹線 新倉敷駅から タクシーで20分

山陽自動車道 鴨方インターから 車で15分

山陽自動車道 玉島インターから 車で20分
ホームページ
http://www.town.yakage.lg.jp/museum/
岡山県小田郡矢掛町矢掛3118-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索