タイトル等
杉戸洋
frame and refrain
会場
ベルナール・ビュフェ美術館
別館2階
会期
2015-03-15~2015-06-14
休催日
水曜日 (祝休日の場合は翌日休み / 4月30日は開館)
開催時間
10:00~17:00
10:00―17:00(3月) / 10:00―18:00(4-6月) / 入館は閉館の30分前まで
観覧料
大人 1,000円(900円) / 高・大学生 500円(400円) / 中学生以下無料
( )内は20名様以上の団体割引
主催者
ベルナール・ビュフェ美術館
協賛・協力等
協力=小山登美夫ギャラリー、KENJI TAKI GALLERY 後援=静岡新聞社・静岡放送、長泉町教育委員会
概要
ベルナール・ビュフェ美術館では、開館40周年を契機として、私たちと同時代を生きる作家の表現世界を紹介する「21世紀アートプロジェクト」を立ち上げました。第3回目は「杉戸洋 frame and refrain」展を開催いたします。杉戸洋(1970-)は、幼少期をニューヨークで過ごし、モダンアートに触れたのち、帰国後は日本画の繊細な線や美しい色彩に魅せられ、愛知県立芸術大学にて日本画を学びます。1990年代より、現代美術のフィールドで絵画を媒体に創作活動をはじめた杉戸は、90年代の「新しい具象」の流れのなかで、抽象と具象、装飾と物語性のあいだを行き来しながら、ペインティングでありながらドローイングでもあるような、流動的な絵画をつくり上げていきます。本展では、新作および未発表作品を中心に展示し、21世紀絵画の魅力と可能性を問いかけます。みずみずしく鮮やかな色に彩られ、幾何学形を基調としたモチーフ、木や家、蝶などのシンプルでありながらも奥行きのあるイメージが描かれた杉戸の絵画は、純粋に絵を見ることの喜びを喚起させてくれることでしょう。
イベント情報
◎クロージングイベント
対談:杉戸洋×椹木野衣 (美術評論家)
6月14日(日) 14:00―15:30
会場=ベルナール・ビュフェ美術館、大展示室 定員=100名
当日受付にて、ご入館いただいた方を対象に整理券をお配りします。
ホームページ
http://www.buffet-museum.jp/kikaku/150315.html
会場住所
〒411-0931
静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)515-57
交通案内
●お車でのアクセス
[東京方面より]
東名・裾野I.C. → R246経由 / 沼津方面へ10km

[名古屋方面より]
新東名・長泉沼津I.C. あるいは 東名 沼津I.C.
→伊豆縦貫道 (東駿河湾環状道路)へ
長泉I.C.出口 R246右折 / 新東名 長泉沼津I.C.より5km

●電車でのアクセス
JR 東海道線[三島駅]下車 / 北口(3番乗り場)発・無料シャトルバスあり
(所要時間 25分)
ホームページ
http://www.buffet-museum.jp/
静岡県長泉町東野クレマチスの丘(スルガ平)515-57
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索