タイトル等
スポット展示
雛人形
会場
天理大学附属 天理参考館
2階展示室 むかしの道具エリア 日本民家ステージ内
会期
2015-02-18~2015-04-20
概要
雛祭は「桃の節供」とも呼ばれ、春の訪れを告げる華やかな行事です。3月初めの巳の日に、自分の穢(けが)れを人形に移して水辺に流す祓(はら)いの行事は古代からおこなわれていましたが、現在のように女の子のお祭として3月3日に人形を飾るようになったのは江戸時代からです。以来、立雛から様々な様式の雛人形が作り出されました。何度もモデルチェンジを繰り返して平成の雛人形があるのです。
この雛人形は昭和50年に製作されました。華やかな衣装にふっくらとしたお顔は当時の主流です。また、昭和40年代から簡便さが人気を得て、ケース入りの雛人形が増えていくようになります。
ホームページ
http://www.sankokan.jp/exhibition/plan/spot_2014_2.html
会場住所
〒632-8540
奈良県天理市守目堂町250
交通案内
[電車でお越しになる場合]
JR桜井線 天理駅・近鉄天理線 天理駅 下車

=天理駅より=
[徒歩でお越しになる場合]
約20分

[バスでお越しになる場合]
●桜井駅北口行 天理市庁前下車
進行方向1つ目の信号を左折し 徒歩約8分
天理駅発(平日・土・日祝) 10:00 11:20 12:40 14:05 15:20

●天理大学行(杣之内キャンパス) 通学バス
天理大学より 徒歩約2分
天理駅発 10:30 12:30 14:30
※天理大学行バスの運行日は、普通授業・補講・集中講義・定期試験および学年始め・学年末行事期間のみです。

[自動車でお越しになる場合]
西名阪自動車道から 天理インターより 南へ約3km 守目堂交差点を左へ

名阪国道から 天理東インターより 南へ約3km 杣之内町交差点を右へ

桜井方面から 守目堂交差点を右へ

●駐車場 無料
※期間により駐車場への入場・駐車が規制される場合があります。
ホームページ
http://www.sankokan.jp/
奈良県天理市守目堂町250
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索