タイトル等
企画展
特別パネル展示
変わりゆく郷土
写真で見るとっとり1968―2013
会場
鳥取県立博物館
第2特別展示室
会期
2015-02-21~2015-03-22
休催日
会期中無休
開催時間
午前9時~午後5時
入館は閉館の30分前まで
観覧料
一般 180円(団体 150円)
※通常の常設展示料金で観覧できます。
◎次の方々は無料です
大学生以下、70歳以上の方、学校教育活動での引率者、障がいのある方・要介護者等及びその介護者、企画展観覧者
主催者
鳥取県立博物館
概要
鳥取県立博物館と県内各市町村教育委員会では、昭和43(1968)年から5年ごとに「郷土視覚定点資料収集事業」を共同で実施し、県内各地を継続的に写真撮影しています。
本パネル展「変わりゆく郷土 写真で見るとっとり1968―2013」は、この事業の成果を広く県民の皆さまに知っていただくとともに、撮影した航空写真と地上写真で、過去45年間の鳥取県の歩みを振り返るものです。
私たちの郷土は、この45年間に大きく姿を変え、同一地点を撮影した写真からは、道路や港湾が整備され、住宅団地や工業団地が出来て市街地が拡大し、農村でもほ場整備が進む一方で、過疎化等により空家や空地、休耕田が増え、都市近郊には大規模店舗が立地して、中心商店街活性化への模索が続くなど、変わりゆく郷土の姿を読み取ることができます。
過去45年間の写真を見比べながら、地域が変わっていく様子をあらためて知っていただくとともに、郷土に対する理解を一層深め、今後の鳥取県のあり方を考える機会となれば幸いです。
ホームページ
http://site5.tori-info.co.jp/p/museum/exhibition/planning/32/
会場住所
〒680-0011
鳥取県鳥取市東町2-124
交通案内
[JR鳥取駅からバスで]
砂丘・湖山・賀露方面行 「西町」下車 約400m
市内回り岩倉・中河原方面行 「わらべ館前」下車 約600m
ホームページ
http://www.pref.tottori.lg.jp/museum/
鳥取県鳥取市東町2-124
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索