タイトル等
静岡市美術館開館5周年記念
大原美術館展
名画への旅
会場
静岡市美術館
会期
2015-04-18~2015-05-31
※会期中一部展示替えあり
休催日
毎週月曜日
<ただし5月4日(月・祝)は開館>
開催時間
10:00~19:00
展示室入場は閉館の30分前まで
観覧料
一般 1,300(1,100)円 / 大高生・70歳以上 900(700)円 / 中学生以下無料
※( )内は前売および当日に限り20名以上の団体料金 ※障害者手帳等をご持参の方および介助に必要な方は無料

【前売券】 2月28日(土)から4月17日(金)まで販売:
静岡市美術館(3/24~26、4/17は臨時休館)、チケットぴあ[Pコード:766-633]、ローソンチケット[Lコード:45674]、谷島屋呉服町本店、谷島屋マークイズ静岡店、戸田書店静岡本店、戸田書店城北店、江崎書店パルシェ店、MARUZEN&ジュンク堂書店新静岡店
主催者
静岡市、静岡市美術館 指定管理者(公財)静岡市文化振興財団、TOKAIグループ、静岡新聞社・静岡放送
協賛・協力等
[特別協力] 公益財団法人 大原美術館
[後援] 静岡市教育委員会、静岡県教育委員会
[特別協賛] セキスイハイム東海
概要
大原美術館は、日本で初めて西洋美術が鑑賞できる美術館として1930(昭和5)年岡山県倉敷市に開館しました。その豊富なコレクションの基礎を築いたのは、実業家・大原孫三郎(1880-1943)とその盟友で岡山県出身の洋画家・児島虎次郎(1881-1929)でした。虎次郎は孫三郎の支援を受けて三度渡欧し、フランス、ベルギー、ドイツ、スペインなどを巡ります。今でこそ西洋絵画は身近な存在ですが、海外の情報を得ることも旅行も容易でない当時に、虎次郎がもたらした名品の数々は、日本で高い関心と熱狂をもって受け入れられました。美術館創設時の強い公共精神―若い芸術家や一般の愛好者のために優れた美術作品を鑑賞、研究する場を提供する―は現在まで受け継がれ、そのコレクションはそれぞれの時代を反映しながら豊かに発展してきました。
静岡市美術館開館5周年記念となる本展では、児島虎次郎の作品をはじめ、珠玉の西洋絵画、日本近代美術の名作、そして静岡ともゆかり深い芹沢銈介や民藝運動の作家、さらに山口晃ら近年活躍めざましい現代の作家たちの作品など、大原美術館を代表する75点を一堂に紹介します(会期中一部展示替えあり)。大原美術館のこれまでの活動を辿りながら、孫三郎と虎次郎が目指した美術館、そして初めて本物の西洋絵画に触れた当時の人々の熱い想いに、改めて触れる機会となれば幸いです。
イベント情報
[A] 葵タワー・静岡市美術館 開館5周年スペシャルイベント
開幕式・内覧会&特別講演会にご招待!
開館5周年を記念して、本展の開幕式および内覧会への市民参加者を募集します。
大原美術館理事長の大原謙一郎氏による講演会も行う特別企画です。
[日時] 4月17日(金) 15:00~18:00 (開場14:30)
16:00より 大原謙一郎氏(大原美術館理事長)による講演会
[会場] 当館 多目的室
[参加料] 無料
[定員] 50名 (応募多数の場合は抽選)
[申込締切] 3月27日(金)必着

[B] 特別講演会「絵画の冒険 大原美術館所蔵作品にみる西洋と東洋」
[日時] 4月18日(土) 14:00~15:30 (開場13:30)
[講師] 高階秀爾氏 (大原美術館館長)
[会場] 当館 多目的室
[参加料] 無料
[定員] 70名 (応募多数の場合は抽選)
[申込締切] 4月3日(金)必着

[C] 講演会「洋画家たちの挑戦―大原美術館所蔵作品を中心に」
[日時] 5月10日(日) 14:00~15:30 (開場13:30)
[講師] 柳沢秀行氏 (大原美術館学芸課長)
[会場] 当館 多目的室
[参加料] 無料
[定員] 70名 (応募多数の場合は抽選)
[申込締切] 4月24日(金)必着

[D] シズオカ×カンヌウィーク2015連動企画
映画上映会『モンパルナスの灯』
(ジャック・ベッケル監督/1958年/フランス/104分)
エコール・ド・パリの画家、モディリアーニの人生を、ジェラール・フィリップが熱演! 本展出品作品である《ジャンヌ・エビュテルヌの肖像》も登場します。
[日時] 5月3日(日・祝) 14:00~ (開場13:30)
[会場] 当館 多目的室 ※簡易の映像設備での上映となります。
[参加料] 500円 (チケット制)
※4月1日(水)より静岡市美術館受付にて販売 (定員になり次第販売終了)
[定員] 70名
[企画協力] (株)サールナートホール

[E] 当館学芸員によるギャラリートーク
[日時] 5月2日(土)、5月23日(土) いずれも14:00~ (30分程度)
[参加料] 無料 (要観覧券)
申込不要 (当日受付前にお集まりください)

[F] しずびチビッこプログラム
小さな子ども達のためのアート体験プログラム。保護者の方は展覧会をご覧ください。
[日時] 5月23日(土) ①10:30~12:00 ②14:00~15:30
[対象] 2歳以上の未就学児 各回10名
[会場] 当館 ワークショップ室
[参加料] 子ども1人につき500円 (保護者は要観覧券)
[申込締切] 5月8日(金)必着
※はがきでの申込は官製はがきに 保護者の氏名・子どもとの続柄・住所・電話(緊急連絡先)・子どもの名前・子どもの人数・性別・年齢(月齢まで)・希望の時間を明記

[申込方法 (講演会・チビッこプログラム)]
当館HP申込フォーム(www.shizubi.jp) または往復はがきにて。1件につき4名様まで。[ただし [A] は1件につき2名様まで]。
【往復はがき記載事項】
①催事名、催事日 ②氏名(参加人数分) ③年齢 ④住所(郵便番号から) ⑤電話番号、返信面に宛先を記入の上、静岡市美術館まで。
※抽選の如何にかかわらず結果は通知致します。

5月1日(金)は静岡市美術館開館記念日!
静岡市美術館は2010年5月1日に開館し、今年は5周年にあたります。
開館記念日である5月1日(金)にご来館の方先着50名様に当館オリジナルグッズをプレゼントします。 ※展覧会をご観覧の方に限ります。
ホームページ
http://shizubi.jp/exhibition/future_150418.php
会場住所
〒420-0852
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
交通案内
○ 電車
JR 静岡駅北口より 地下道を利用して徒歩3分
静岡鉄道 新静岡駅より 徒歩5分

○ 新幹線
東京駅・名古屋駅から 東海道新幹線ひかり号で約1時間
新大阪駅から 東海道新幹線ひかり号で約2時間

○ 車
東名 静岡ICより 約15分
※お車でお越しの際は、近隣の駐車場をご利用ください。

○ 空路
富士山静岡空港より 静鉄バス(静岡エアポートライナー)で約1時間
ホームページ
http://www.shizubi.jp/
静岡県静岡市葵区紺屋町17-1 葵タワー3階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索