タイトル等
収蔵品展
ロダン館開館20周年関連展示
人を描く
会場
静岡県立美術館
会期
2015-03-03~2015-03-31
休催日
毎週月曜日
※ただし月曜祝日の場合は開館、翌火曜日休館
開催時間
午前10時~午後5時30分
※展示室への入室は午後5時まで
観覧料
一般 300円 (団体 200円)
大学生以下・70歳以上無料
※企画展をご覧になった方は無料。企画展の観覧料は、展覧会ごとに変ります。
※団体のお申込/ 20名以上の団体のお申込は、美術館総務課へお問合わせください。学生の団体を引率の場合、引率の先生は無料になる場合があります。詳しくは美術館まで。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と付添者1名は、企画展、収蔵品展とも無料でご覧いただけます。専用駐車場のほか、車椅子も完備しております。美術館総務課までお問合わせください。
概要
今年度、ロダン館は開館20周年を迎えました。これに関連して本企画では当館収蔵品を中心に、人を描いた日本の絵画を展示いたします。ロダンの作品に見るような西洋の人体表現とは異なり、伝統的な日本美術においては人間の身体そのものが主題となることは極めてまれでした。しかしながら仏や高僧の姿を表した仏教絵画、源氏物語などを題材にした物語絵、さらに市井の人々の暮らしが描かれる風俗図など、豊饒な人物画の歴史を有しているのです。本企画では中世から近代までの作品を取り上げ、日本の人物画をいくつかの視点からご覧いただきます。また併せて重要文化財《日蓮上人像》(三島市・妙法華寺蔵)を特別公開いたします。様々なしぐさや表情を楽しみながら、人の姿に込められた意味についても考えていただければ幸いです。
イベント情報
詳細は、こちらまでお問い合わせください。
当館学芸課 TEL:054-263-5857

[フロアレクチャー]
当館学芸員が展示室で作品について解説します。
3月29日(日) 14:00~
集合場所:収蔵品展入口、申込不要

[ギャラリーツアー]
当館ボランティアが対話形式で展示室の作品をご案内します。
(各回30分程度)
3月21日(土) 14:00~、15:00~
※11:00~の回のみロダン館、ほかの回は第7展示室と名品コーナーの作品についてご紹介します。
集合場所:収蔵品展入口、申込不要
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/shuzou/2014/07.php
会場住所
〒422-8002
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
交通案内
●JR「草薙駅」から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分(料金100円・20~30分間隔)
●JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または北口から静鉄バスで約30分
●JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分
●静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分
●東名高速道路・静岡IC、清水IC、又は新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分
ホームページ
http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp
会場問合せ先
◎教務課Tel.054-263-5755 ◎学芸課Tel.054-263-5857 ◎テレフォン・サービスTel.054-262-3737
静岡県静岡市駿河区谷田53-2
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索