タイトル等
釧路芸術館コレクション・ギャラリー
~こころの日曜日~
この絵なんの絵? 気になる絵!
会場
北海道立釧路芸術館
展示室
会期
2015-01-30~2015-03-25
休催日
*毎週月曜日。ただし、3/23は開館します*
開催時間
午前9時30分~午後5時
*金・土曜日は午後6時まで*
観覧料
一般 460(360)円、高大生 200(150)円、中学生以下と65歳以上は無料
*( )内は、10人以上の団体、親子、リピーター料金*
主催者
釧路芸術館
概要
絵は好きだけれど、どう見たらいいのかわからないという方。まずは、ちょっと気になる作品を探してみませんか。
見つかったら、今度は、どこが気に入ったのか、みんなにもここを味わってほしい、と考えてみるのはいかがでしょう。
その手助けになればと、ワークシートもご用意しました。
絵画や彫刻、写真など、芸術館の名品が約50点。きっとお気に入りの作品に出会えるはずです。
イベント情報
ミュージアム・セミナー
<潜入! 動物園・芸術館の裏側>
動物園と芸術館。まったくちがう土俵に立っているイメージがありますが、実は、ある共通する想いをもっているのです。それは「展示物(動物/美術作品)を、効果的に、多くの人びとに見ていただきたい!」というもの。
このセミナーでは、動物園と芸術館のスタッフが、現場でのさまざまな工夫や苦労を紹介します。ふだんは隠された舞台裏をのぞき見ることで、この2つの施設を、身近に感じていただけるはずです。
◆2月4日(水)
「美術館の歴史と展覧会 ~知って納得! 舞台裏」
講師:当館学芸員
◆2月11日(水・祝)
「ぼくらの街にキリンがやってきた」
講師:阿部友行氏 (釧路市動物園長)
◆2月18日(水)
「コレクションの収集と展示について」
講師:当館学芸員
◆2月25日(水)
「バックヤード・ツアー ~こうして芸術館はまわっている」
講師:当館学芸員
各日、10:00~11:00
会場:当館アートホール (聴講無料)

当館学芸員によるギャラリー・トーク
◆1月31日(土)、2月28日(土)、3月14日(土)
「羽生輝の画業―北の浜辺を描きつづけて」
◆2月7日(土)、2月21日(土)、3月7日(土)
「小林孝亘の絵画―光に希望を…。」
◆2月14日(土)、3月21日(土)
「道産子・岩橋英遠―自然への眼差し」
各日、14:00~14:30
会場:当館展示室 (観覧券が必要です)

アートシネマ館
<もう一度観たいクラシックシネマ 第2弾>
◆3月28日(土) 「市民ケーン」
(1941年、アメリカ、監督:オーソン・ウェルズ、119分)
10:00~、14:00~ (2回上映)
会場:当館アートホール (入場無料)
会場住所
〒085-0017
北海道釧路市幸町4-1-5
交通案内
・JR釧路駅より 徒歩約15分 (南へ約1.2km)
・くしろバス:「十字街」「十字街7丁目」停留所下車 徒歩3~5分
・釧路空港より市内行き連絡バス 約50分→「フィッシャーマンズワーフMOO」下車 徒歩約2分
ホームページ
http://www.kushiro-artmu.jp
北海道釧路市幸町4-1-5
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索