タイトル等
ユネスコ世界無形文化遺産登録記念
特集展示
和紙
―文化財を支える日本の紙―
会場
奈良国立博物館
西新館 第一室
会期
2015-01-27~2015-03-15
休催日
2月2日(月)、16日(月)、23日(月)
開催時間
午前9時30分~午後5時
(入館は閉館の30分前まで)
2月3日(火)、3月12日(木)は午後7時まで
2月8日(日)~14日(土)は午後8時30分まで
3月1日(日)~11日(水)、13日(金)、14日(土)は午後6時まで開館
観覧料
個人 (一般) 520円 (大学生) 260円
団体 (一般) 410円 (大学生) 210円
※高校生以下および18歳未満の方、満70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料。
※団体料金は20名以上です。
※中学生以下と一緒に観覧される方は、団体料金を適用《子どもといっしょ割引》。
※2月22日(日)にご夫婦で観覧される方は、一般料金の半額になります《夫婦の日割引》
※2月3日(火)は無料観覧日。
※この料金で、開催中の名品展「珠玉の仏教美術」、2月7日(土)以降は特別陳列「お水取り」もあわせてご覧いただけます。
主催者
奈良国立博物館
協賛・協力等
協力:伝統技術伝承者協会、国宝修理装潢師連盟、仏教美術協会
概要
楮 (こうぞ) や三椏 (みつまた) などの樹皮の繊維をもとにつくる手漉 (てす) きの「和紙」。この伝統的な素材と技に支えられた日本の和紙は、古くから経典や文書、絵巻の料紙として使用されるとともに、掛軸の裏打や経巻の繕 (つくろ) いなど、文化財の修理に欠くことのできない材料として広く用いられてきました。修理材料としての和紙の優秀さは海外でも高く評価されており、ユネスコ世界無形文化遺産への登録というニュースも記憶に新しいところです。
本特集展示は、和紙の歴史と文化財修理における重要な役割について、名品や関連資料を通じて紹介するものです。ぜひこの機会に、手漉きの和紙の魅力に直接触れてみてはいかがでしょうか。
イベント情報
記念講座&座談会
「和紙―文化財を支える日本の紙―」
■基調講演
湯山 賢一 (奈良国立博物館長)
■座談会
湯山 賢一
上窪 良二氏 (伝統技術伝承者協会理事)
岡 岩太郎氏 (国宝修理装潢師連盟理事)
日時:平成27年2月28日(土) 午後1時30分~ (開場は午後1時)
会場:当館講堂
※入場に際し、観覧券もしくはその半券・国立博物館パスポート等をお示しください。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/exhibition/2015mei/washi/washi_index.html
会場住所
〒630-8213
奈良県奈良市登大路町50
交通案内
◆電車・バスを利用する

近鉄奈良駅下車 登大路町を東へ徒歩約15分
JR奈良駅または近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ

関西国際空港からリムジンバス JR奈良駅行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分
大阪国際空港からリムジンバス 奈良/天理行き「近鉄奈良駅」バス停下車 徒歩約15分


◆自動車を利用する

駐車場について
専用の駐車場はありません。周辺の駐車場をご利用下さい。
正倉院展期間中は大変混雑いたします。
登大路自動車駐車場 午前6時~午後10時
大仏前自動車駐車場 午前9時~午後5時 (団体バス予約優先)
高畑自動車駐車場 午前9時~午後5時

なお、歩行困難な方は当館係員にご相談ください。

名古屋方面から
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

大阪方面から
第二名阪道路・宝来I.C.から国道369号線を東へ県庁を越えて約1分。
西名阪自動車道・天理I.C.から国道169号線を北へ約15分。

京都方面から
京奈和自動車道・木津I.C.から国道24号線を南へ、国道369号線を東へ約1分。
ホームページ
http://www.narahaku.go.jp/
奈良県奈良市登大路町50
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索