タイトル等
青森市所蔵作品展
「歴史の構築は無名のものたちの記憶に捧げられる」
ゲストディレクター | 藤井光 (美術家/映画監督)
ある時、その博物館は消去されました。
そこには、無名のものたちの記憶が保管されていたからです。
名のあるものたちは、それが気に入りませんでした。
未来は過去を引用してはならないと言うのです。
私たちこそが歴史だと言うのです。
無名のものたちの記憶は、運び去られ、否定されてしまいます。
私は追放された博物館をつくりなおすのです。
会場
国際芸術センター青森
展示棟ギャラリーA
会期
2015-02-07~2015-03-15
休催日
会期中無休
開催時間
10:00~18:00
観覧料
入場無料
主催者
青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]
協賛・協力等
協力| 青森市教育委員会文化財課/remo [NPO法人記録と表現とメディアのための組織]/BLACKBOX/青森空襲を記録する会
概要
青森市が所蔵する、この100年の日本の近代化の歴史を語る様々な作品や記録資料、そして青森に暮らす人々が8mmフィルムにより撮影したかつてのこの都市の様子を物語る映像などを公開します。映画のセットのような5つのステージに、これらの歴史を語るメディアが散りばめられて構成される展覧会です。
イベント情報
展覧会関連イベント第1弾
ドキュメンタリー映画「プロジェクトFUKUSHIMA!」上映会&藤井光監督ポストトーク
【上映会情報】
日時| 2014年8月31日(日)
開場=13:30 / 上映=14:00―15:30 (90分)
ポストトーク(プロジェクト説明会)=15:40-16:30
料金| 無料
会場| BLACKBOX 2階ホール(旧松竹映画館)
〒030-0862 青森県青森市古川1丁目14-3 TEL:017-735-0555
※BLACKBOXには駐車場がないため、周辺駐車場をご利用ください。

青森市所蔵作品展関連企画
8ミリフィルムのデジタルアーカイブ・プロジェクト
~家庭に眠る8ミリフィルムを大募集!
押し入れに眠っている8ミリフィルム、最後にみたのはいつですか!?
フィルムにもう一度光をあて、かつての思い出を甦らせてみませんか。
【主催】青森公立大学国際芸術センター青森[ACAC]
【協力】NPO法人記録と表現とメディアのための組織[remo]

[オープニングトーク]
2015年2月7日(土) 14:30―16:00 展示棟ラウンジ / 入場無料
同時開催される3つの展覧会のアーティストによるトークを開催します。
ホームページ
http://www.acac-aomori.jp/aomori/2014-4/
会場住所
〒030-0134
青森県青森市合子沢字山崎152-6
交通案内
「国際芸術センター青森」にバスでおいでになる場合は、JRバスまたは青森市営バスの「青森公立大学」または「モヤヒルズ」行をご利用ください。
運賃は、青森市中心部から大体500円前後です。

○ JR青森駅から JRバス または 青森市営バスにて 約40分
「モヤヒルズ、青森公立大学行」乗車 「青森公立大学」下車

○ 東北自動車道 青森中央I.Cから 約5km

○ 青森空港から タクシーで約20分
ホームページ
http://www.acac-aomori.jp/
青森県青森市合子沢字山崎152-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索