タイトル等
津高和一展
―20年目の架空通信―
[震災二〇年・没後二〇年 特別企画]
会場
ギャラリー島田
会期
2015-01-10~2015-01-21
開催時間
12:00~19:00
火曜日は18:00まで、最終日は17:00まで。
概要
「20年目の春に」
震災で亡くなられた津高和一先生の展覧会をご覧いただきます。私に津高先生を引き合わせた松田和久先生(神戸大学名誉教授)ご夫妻も震災で亡くなられ、神戸大学、神戸学院大学で同僚であった三木谷良一先生が、そのコレクションを受け継がれて自邸を飾られた。その三木谷先生も昨年、逝かれた。「架空通信」という不思議な言葉は1976年に刊行された素敵なデッサン集のタイトルで、「COMMUNICATION OF IMAGINATION」とある。その心は「わが架空通信は縺れた細い糸の端を握っているようなものである」とある。今回の展覧会は縺れたもう一方の端を逝かれた三人の先生方が握っていて下さると信じて、架空の通信を試みようとするものです。 島田 誠
ホームページ
http://gallery-shimada.com/?p=2523
会場住所
〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
交通案内
三宮より徒歩15分。
異入館へと続く北野坂を上ると、山手幹線との交差点で横断歩道を渡り、左(西)へ曲がる。
山手幹線沿いをそのまま行くと通り沿い右手に西村珈琲のお店がある。そこを右(北)へと曲がるとハンター坂。
ハンター坂を5分ほど上がると右手に松竹タクシーの事務所があり、その真向かいの通り左手に安藤忠雄建築のコンクリートの建物があります。
その地下1Fがギャラリー島田です。
ホームページ
http://www.gallery-shimada.com
兵庫県神戸市中央区山本通2-4-24 リランズゲートB1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索