タイトル等
~母子、子ども、少女~
愛しきものの情景展
―愛するものたちへの画家のまなざし―
会場
ウッドワン美術館
会期
2014-10-09~2014-12-23
休催日
月曜日 ※ただし 10/13、11/3、11/24、12/22は開館
観覧料
本館券 一般:930(830)円 高大生:510(410)円
新館券 一般:930(830)円 高大生:510(410)円
共通券(本館・新館) 一般:1540(1390)円 高大生:820(720)円
※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料 (学生証・手帳をご提示下さい)
※( )内は有料入館者10人以上の団体料金、および前売り料金
※ 共通券で本館と新館(マイセン磁器、ガラス作品)にご入館いただけます。
概要
画家たちが描いた我が子や家族の肖像のほか、身近な動物たちや画家がこよなく愛した故郷や旅先の情景など、「愛しきもの」が表された絵画や彫刻を中心に展覧します。
主な出品作品は、横山大観《秋野》、児玉希望《月光》、竹久夢二《包みを抱いた娘》、高山辰雄《倚る》、西田俊英《彷徨-旅》、岸田劉生《林檎を持てる麗子》、安井曾太郎《農夫像》、南薫造《二人の少女》、藤井勉《新春》など。
また、籔内佐斗司の童子をモチーフとした作品もあわせて展覧します。
イベント情報
※表示価格はすべて税込です。 ※要予約のイベントは定員になり次第、受付を終了いたします。

●「吉和おさんぽギャラリー」関連イベント美術品クイズラリー
吉和おさんぽギャラリーとは、手作りの雑貨、採れたての野菜、自然と暮らす人々…。吉和の魅力を体感する「自宅開放型」展示会です。その一環として「美術館クイズラリー」を行います。展示作品にちなんだクイズに全問正解された方に当館オリジナルグッズをプレゼント。
日時:10月11日(土)・12日(日) 各日10:00~16:00
予約:不要
参加費:500円(本館) ※当日配布のMAPが必要です。
お問合せ:吉和おさんぽギャラリー実行委員会 TEL 0829-77-2116
ブログ:http://ameblo.jp/yoshiwa-osanpo

●ミュージアムコンサート【予約席優先】
展示作品の魅力を、ジャズやポップスなど素敵な音楽で楽しく表現します。
日時:11月3日(月・祝) 14:00~ (1回公演)
場所:美術館本館展示室
演奏者:中野力さん (ウッドベース) 河村貴之さん (トランペット)
定員:予約席 定員60名
参加費:無料 (要入館券)
※入館券をお持ちの方はどなたでもご参加可能ですが、事前予約された方から優先して座席をご案内させていただきます。

●廿日市の美術館めぐり 【3日前までに要予約】
廿日市市内の美術館(ウッドワン美術館・海の見える社美術館)を巡る、お食事付きの美術鑑賞ツアーです。
日時:11月4日(火)・11月18日(火)
集合場所:9:20 (宮島口フェリー乗り場ロータリー)
9:45 (JR宮内串戸駅北口)
定員:各22名 (定員に達し次第締め切ります)
参加費:5,000円
お食事・美術館入館券・カフェマイセンのコーヒー券・送迎
※海の見える杜美術館では「生誕150年記念竹内栖鳳展」
【11/1(土)~12/14(日)開催】※11/11(火)は休館日

●学芸員が選ぶおすすめの作品解説【申込不要・要入館券】
ウッドワン美術館の学芸員が、コレクションの中からとっておきの作品を選んで解説します。
日時:12月7日(日) 14:00~ (30分程度)
集合場所:美術館本館 絵画展示室
参加費:無料

●ポスター展 【申込不要・無料】
ポスターでたどるウッドワン美術館の歩み。
日時:10月11日(土)~12月23日(火・祝)
集合場所:新館ラウンジ
ホームページ
http://www.woodone-museum.jp/Exhibition_now.html
会場住所
〒738-0301
広島県廿日市市吉和4278
交通案内
○公共交通機関

広電バス(JR宮内串戸駅から80分程度)

石見交通(広島駅北口から90分) +吉和SAからの送迎10分
※石見交通をご利用で、「吉和S.A.」バス停からの送迎をご希望の方は、3日前までに美術館にご連絡下さい。
(TEL:0829-40-3001) 完全予約制
[ご注意] 吉和SA~美術館はタクシー・バスはございません。

○お車
中国自動車道 吉和I.Cから 約2km
ホームページ
http://www.woodone-museum.jp/
広島県廿日市市吉和4278
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索