タイトル等
平成25年度 第31回「咲くやこの花賞」受賞記念展
咲くやこの花コレクション
大西康明展
空洞の彫刻
会場
ARTCOURT Gallery
会期
2014-11-08~2014-11-29
休催日
*日・月・祝
開催時間
11:00~19:00
*土は、11:00~17:00
主催者
咲くやこの花賞受賞者等支援事業実行委員会
[構成団体] 大阪市、大阪商工会議所、大阪観光局・公益財団法人大阪観光コンベンション協会、大阪市中央公会堂指定管理者サントリーパブリシティサービスグループ
アートコートギャラリー (株式会社八木アートマネジメント)
協賛・協力等
協賛:三菱地所株式会社、三菱マテリアル株式会社、三菱地所プロパティマネメント株式会社
概要
この度アートコートギャラリーでは、平成25年度・第31回「咲くやこの花賞」受賞記念展として『咲くやこの花コレクション 大西康明展 空洞の彫刻』を開催いたします。

空洞を彫刻する―大西康明は、内側のない空洞や余白と呼ばれる「ネガ」の空間を、体積・垂直・距離といったシンプルなテーマで視覚化させる彫刻作品を制作。接着剤やポリシートなどの形態を定めにくい素材を用いて、人為と自然との境界にある形を繊細な感覚でトレースする注目のアーティストです。巨大な山陵や氷河洞、風に波立つ大海原、星雲のシルエットなど、人知を超えた領界を暗示させるインスタレーションでも高く評価され、国内外での展覧会やアーティスト・イン・レジデンスを重ねて幅広く活躍しています。

― かつて何かが存在していたことや、これから何かが入り込むことが想像できる“不在の空間”を作り出すこと。鑑賞者はその空間を意識して、内と外、表と裏、ネガとポジのような、相反しながらも見方によってはどちらにも解釈できる事象を身体的に体験し、それぞれの想像力を膨らませ、思考を働かせられる場を作品として提示する。(大西康明)

タイマーで制御した小型ファンの気流で円筒形の袋が垂直方向に膨らんだり萎んだり...。ポリシートが見せる有機的な動きで「虚を見て虚を得る」感覚を観る者に与える《Untitled》(2009)は、大西自身が空気や空洞に対して「体積」を見出し、後の代表作《体積の裏側》につながった重要なキーとなる作品です。また、グルーガンを絵筆のように使い接着剤を塗り込めた表面を熱で溶かし、金属粉を擦り混ぜた板状の作品《exchange of surface》について、大西は「行為と現象を重ねて堆積させた痕跡」と語ります。

目に見えないものを明らかにする素材を選び取り、行為・現象・時間を構成要素に空間へアプローチしていく表現作法で、大西は空間に曖昧な輪郭を与えていきます。浮遊するやわらかな光の階調と陰影に満たされながら、空間を占有していくその造形は、観る者の無量無辺の想像力や思考をため込む美の器とも言えるでしょう。

本展では、光と重力を使って、内側をつくることから実体のない外側の創出を試みる新作を発表する他、初期作品である《ガワ(環)》、《Untitled》、《exchange of surface》など、「空洞を彫刻する」大西の造形表現の数々をご紹介します。
イベント情報
11月8日[土] 14:30~17:00

14:30~16:00 対談 [金井直 (信州大学人文学部准教授)×大西康明]

16:00~17:00 レセプションパーティ
ホームページ
http://www.artcourtgallery.com/exhibitions/4831/
会場住所
〒530-0042
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
交通案内
◎電車でお越しの場合
JR環状線[桜ノ宮]駅西口より徒歩8分
地下鉄[南森町]・JR東西線[大阪天満宮]1番出口を出て左に徒歩10分

◎タクシーでお越しの場合:新大阪駅より15分・大阪駅より10分

◎お車でお越しの場合:国道1号線東天満交差点を北へ2つ目の信号右折
OAP駐車場:OAPタワー地下[200円/30分]
ギャラリー駐車場:1~2台収容可[ギャラリー南側]
ホームページ
http://www.artcourtgallery.com/
大阪府大阪市北区天満橋1-8-5 OAPアートコート1F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索