タイトル等
全国美術館会議 東日本大震災復興支援事業
浅井元義スケッチ展
―石巻・30年前の家並み―
会場
カメイ美術館
会期
2014-10-07~2014-11-30
休催日
月曜日(祝日は開館)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は4時30分まで
観覧料
一般 300円
65歳以上・高校生以下は無料
(20名以上の団体は240円)
*10月25日・26日の「東北文化の日」は240円
協賛・協力等
後援 石巻市 石巻市教育委員会 (公社)宮城県芸術協会 河北新報社 三陸河北新報社 石巻日日新聞 TBC東北放送 仙台放送 ミヤギテレビ KHB東日本放送 エフエム仙台
協力 全国美術館会議
概要
浅井元義は「消えゆく古い家並み」をライフワークとして描き続けている作家です。気の向くまま道端に座り画材を広げ、その場で仕上げるスタイルで30数年来、石巻、気仙沼をはじめとする三陸沿岸部や仙台、松島などの時の流れを感じさせる建物を描いてきました。
特に故郷・石巻への懐 (おも) いは強く、1984年に変わりゆく姿を描き残そうと「古い家並み」シリーズに取り組み、その後も「通り・横丁・小路」、「川のある風景」など様々なテーマで多くのスケッチを描き続けています。そのうちの90点が石巻文化センターに収蔵されていました。
2011年3月11日の東日本大震災により、浅井元義が描いてきた石巻の街と共に、スケッチ自体も津波被害に遭いましたが、全国美術館会議の文化財レスキューと復興支援事業により救出、修復が行われました。
三年半の歳月を経て甦ったスケッチを多くの皆様にご覧いただきたく、新しい文化施設を計画中の石巻市に先がけ、カメイ美術館で展覧会を開催いたします。併せて、気仙沼地方の昭和初期のレトロな建物に魅せられ描いた「風待ち港の館たち」シリーズ(リアス・アーク美術館蔵)も展示いたします。
浅井元義の石巻、気仙沼のスケッチは、震災前の街との記憶を繋ぐ郷愁とともに、特長である毅然とした線描が前を向く力を与えてくれます。
イベント情報
[ギャラリートーク]
10月25日(土) 午後2時より
*予約不要、参加費は入館料のみ

●その他、作家の在館予定は美術館までお問合せください。
展示替え情報
*期間中、一部作品の入替をいたします。
ホームページ
http://www.kameimuseum.or.jp/topics/2014/10/-30.html
会場住所
〒980-0022
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23 カメイ五橋ビル7階
交通案内
JR仙台駅・西口より 徒歩10分

仙台市地下鉄南北線 五橋駅・北4出口より 徒歩3分
ホームページ
http://www.kameimuseum.or.jp/
宮城県仙台市青葉区五橋1-1-23 カメイ五橋ビル7階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索