タイトル等
寺崎武男
心の故郷イタリア展
会場
久米美術館
会期
2014-10-02~2014-11-16
休催日
毎週月曜日、ただし10/13、11/3(月・祝)は開館、翌火曜日振替休館
開催時間
10時~17時
入館は16時30分まで
観覧料
一般 500円、大高生 300円、中小生 200円
団体20名以上各50円引 (電話にてご予約ください)
主催者
久米美術館
協賛・協力等
後援:イタリア文化会館、公益財団法人日伊協会 協力:株式会社イタリア書房
概要
寺崎武男(1883-1967)は、明治40年に東京美術学校西洋画科を卒業すると、農商務省留学生としてイタリアへ留学、ヴェネチアでルネサンス期の壁画研究のほか、彫刻・建築・版画などを学びました。留学中イタリア国内で「天正遣欧少年使節」の行跡に遭遇した寺崎は、16世紀にイタリアへ渡った日本人少年たちに心を揺さぶられ、以後晩年にいたるまで、彼らのエピソードをテーマとした作品を描き続けました。同時にテンペラやフレスコ画の研究を深めて作品を精力的に発表したほか、日伊の文化交流にも尽力しました。
また、帰国後には、山本鼎、戸張狐雁らと日本創作版画協会を設立(大正7年)するなど、エッチングの第一人者としても活躍します。
本展では、生涯のテーマであった「天正少年使節」の大作の屏風を中心に、第二の故郷ともいえるイタリア、なかでも留学先のヴェネチアを舞台に描いた作品を展示します。
ホームページ
http://www.kume-museum.com/exhibition.html
会場住所
〒141-0021
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
交通案内
JR山手線目黒駅西口下車徒歩1分
東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線目黒駅下車徒歩2分
ホームページ
http://www.kume-museum.com
東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル8階
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索