タイトル等
テオ・ヤンセン展
―砂丘の生命体―
風を食べる!?
巨大生命体「ストランドビースト (砂浜の生物)」
長崎に上陸

(世界初公開)
長崎展のための新作
アニマリス・プラウデンツ・ヴェーラ2世 (はためく帆)
会場
長崎県美術館
企画展示室
会期
2014-10-09~2014-12-07
休催日
10月14日(火)、27日(月)、11月10日(月)、25日(火)
開催時間
10:00~20:00
最終入場19:30
観覧料
一般 1,200(1,000)円、高校・大学・70歳以上 1,000(800)円、小学・中学 700(500)円
※小学生未満は無料
◎( )内は前売りおよび15名以上の団体割引料金。
◎期間中、本展観覧券でコレクション展(常設展示室)に入場可。
◎障害者手帳保持者及び介護者1名までは5割減額。
◎コレクション展チケットおよびコレクション展年間パスポートをお持ちの方は、差額料金。
◎チケットぴあ(Pコード766-364)[浜屋プレイガイド、みらい長崎ココウォーク、セブン-イレブン他]、ローソンチケット(Lコード87942)、イープラス(ファミリーマート他)、セブン-イレブン(セブンコード032-695)、紀伊國屋書店長崎店(ゆめタウン夢彩都内)、メトロ書店本店(アミュプラザ長崎内)、くさの書店(西友道の尾店)、S東美、佐世保観光情報センター(JR佐世保駅構内) 他で販売。
主催者
長崎県美術館、KTNテレビ長崎
協賛・協力等
共催| 長崎新聞社、エフエム長崎
後援| オランダ王国大使館、在大阪・神戸オランダ王国総領事館、在長崎オランダ王国名誉領事館、日蘭協会、長崎日蘭協会、長崎県、長崎市、長崎県教育委員会、長崎市教育委員会、長崎県立長崎図書館、長崎市立図書館、長崎ケーブルメディア
助成| 在大阪・神戸オランダ王国総領事館
協賛| ダイワハウス、長崎バスグループ、長崎ダイヤモンドスタッフ株式会社
概要
「風を食べる!?」
この秋、長崎県美術館に謎の生物“ストランドビースト”が集結する。“ストランドビースト”とはオランダ語。英語に訳せば“ビーチアニマル”、日本語では“砂浜の生物”。オランダの鬼才テオ・ヤンセン(1948~ )が生み出したプラスチックチューブ生命体だ。砂浜を動きまわる彼らは何と「風」を食べながら生きている。彼らの目的はただ一つ「生き残ること」だ。

「進化する!?」
当初、ストランドビーストは一本の線の形を持ったコンピュータ上の仮想生物として誕生した。その後進化をつづけたビーストは、ついにプラスチックチューブという現実の骨格と筋肉とを獲得した。そして、砂の上をスムーズに移動するための能力、風に飛ばされないための能力、浜辺に打ち寄せる波に飲まれないための能力などを進化の過程を経るごとに獲得してきた。現在も「遺伝子」や「遺伝情報」を後の世代に引き継ぎながら、生き残りを賭け彼らは進化をつづけている。
今や「胃袋(=プラスチックボトル)」も「感覚器官(=感知器)」も「神経細胞(=チューブと弁)」も「脳(=計器)」も備えるビーストたち。作家が夢見るように、海水面の上昇から故国を救うための砂丘を築くべく浜辺に棲み付き、ゴミ箱から拾い集めたチューブで自ら新しい仲間をつくりだす彼らの姿を目にする日はやって来るのか?

今回の展覧会には世界初公開となるビースト《アニマリス・プラウデンツ・ヴェーラ2世》(“はためく帆”の意)がやってくる。17世紀初頭にまでさかのぼる長い交友の歴史を持つ長崎とオランダの関係にちなみ、当時の帆船をモチーフに生み出されたビーストだ。その他、初めてプラスチックチューブの身体を持った《アニマリス・ヴァルガリス》をはじめ合計15体のビーストおよび関連資料により、この新種の生物の全貌を紹介する。進化の過程を経た姿。必然性を持つ形のみが放つ美しさを具えたビーストたちは、まさに芸術と科学の融合により生み出された「新たな自然」だ。テオ・ヤンセンの世界を目撃しに美術館へ行こう!
イベント情報
アーティストトーク
日時| 10月12日(日) 13:30~
会場| 企画展示室
料金| 無料 (要本展観覧券)

アーティストによるサイン会
日時| 10月9日(木)・10日(金)…①11:00~ ②15:00~
10月11日(土)・12日(日)…①11:00~ ②13:00~ ③15:00~
10月13日(月・祝)…①11:00~ ②13:00~ ③14:00~ ④15:00~
会場| 2Fカフェ前 ※サインは、2F特設ショップで対象商品をご購入の方に限ります。(商品購入時に参加券を配布)

ギャラリートーク
日時| 10月19日(日)、11月9日(日)、11月30日(日) 各日14:00~
会場| 企画展示室
料金| 無料 (要本展観覧券)

デモンストレーション
毎日1時間ごとに作品を動かすデモンストレーションを行います。
時間| 10:30~19:30 ※都合により時間が変更になる場合があります。
会場| 企画展示室
料金| 無料 (要本展観覧券)

ワークショップ うごくヘンテコりんに挑戦!! ※当日随時受付
テオ・ヤンセンの作品で実際に使われている動力機構の仕組みをもとに、手で動かせる作品をつくっちゃいましょう! サラッと作りたい人もガッツリ作りたい人も希望に合わせて内容を選択できますよ。(制作時間30分~)
日時| 10月25日(土)、26日(日) 11:00~16:00 (最終受付15:30)
会場| アトリエ
対象| 小学生以上
料金| 無料

熱くあおげ!! テオ・ヤンセン杯ミニビーストレース
風で動く小さな生き物?を作ってレースに挑戦しよう。8月に参加すれば夏休みの宿題もバッチリ! 11月に参加したらテオさんの〇〇がもらえるかも? さらに上位入賞者には副賞もあるよ。
日時| ①8月16日(土) 14:00~ ②11月22日(土) 14:00~ (各約1時間)
会場| ホール
対象| 小中学生 (親子での参加も可)
定員| 各回25組まで (1組2名までの先着順。当日13:30よりホール前にて受付開始)
参加料| 無料
持参するもの| ①学研の大人の科学マガジン vol.30 ふろく“テオ・ヤンセンのミニビースト”
②うちわ
※ミニビーストとうちわどちらともカスタマイズ可。ただし人力で発生させる風で動かすことが条件です。
※上記書籍は長崎県美術館でも販売しています。
※レース当日美術館ホールで制作することもできます。(時間10:00―12:00、最終入場11:00)
協力| 学研教育出版
ホームページ
http://www.nagasaki-museum.jp/museumInet/sca/eveScheduleView.do?id=1125&command=plan
会場住所
〒850-0862
長崎県長崎市出島町2-1
交通案内
路面電車
○出島電停 徒歩3分
○市民病院前電停 徒歩2分

バス
○長崎新地ターミナルバス停 (空港リムジンバス、高速バス含む※) 徒歩5分
○大波止バス停 (空港リムジンバス、高速バス含む※) 徒歩8分
○長崎県美術館バス停(土日祝のみ運行。)

JR
○JR長崎駅 徒歩15分

フェリー
○長崎港大波止ターミナル 徒歩10分


○長崎自動車道・長崎ICより 長崎出島道路経由 5分

※ 空港リムジンバス・高速バスは、出島道路経由など一部の便が停車します。高速バスは、大波止バス停のみ停車する便もあります。詳しくは各交通機関へお問合せください。
ホームページ
http://www.nagasaki-museum.jp/
長崎県長崎市出島町2-1
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索