タイトル等
松岡コレクション
うつわのもよう
芭蕉 蓮
会場
松岡美術館
2階 展示室[4]
会期
2014-10-08~2014-12-21
※会期・開館時間は状況により変更になることがあります。最新情報はホームページ、ツイッターをご覧ください。
休催日
毎週月曜日(祝日の場合は翌日)
開催時間
午前10時~午後5時
入館は4時30分まで
観覧料
一般 800円 / 65歳以上・障害者 700円 / 中高大生 500円
20名以上の団体は各100円引
概要
うつわを飾るもようには、大きく魅力的に描かれる主役のもよう(主文様)と、その周囲を飾る脇役のもよう(従属文/副次的文様)とがあります。さまざまに彩られる中国のうつわで、主役としても脇役としても活躍するのが、芭蕉(中国南方原産といわれる常緑植物;バナナの仲間)と蓮をモティーフにしたもようです。
本展では、主役と脇役、両方のもようで多様な展開をみせる芭蕉と蓮のモティーフを中心に、花唐草文、切枝文(せっしもん)など、うつわを彩るさまざまなもようを、松岡コレクションの中国・朝鮮・べトナム・日本などの陶磁器、中国古代青銅器、中国清朝玉器、古代ギリシア陶器など約45点で紹介します。脇役のもようたちの活躍ぶりにもご注目ください。
イベント情報
[ギャラリートーク] 第1~第4土曜日 午後2時より(入館者は聴講無料) 内容はお問い合せください。
会場住所
〒108-0071
東京都港区白金台5-12-6
交通案内
■東京メトロ地下鉄南北線・都営地下鉄三田線「白銀台駅」1番出口から徒歩7分
■JR「目黒駅」東口から徒歩15分
■都営バス「目黒駅」東口バスターミナル2番のりば 黒77:千駄ヶ谷駅行 橋86:東京タワー行・新橋駅行「東大医科研病院西門」下車
ホームページ
http://matsuoka-museum.jp
東京都港区白金台5-12-6
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索