タイトル等
ムサビのデザインⅣ
1980-1990's:エットレ・ソットサスとヌオーヴォ・デザイン
会場
武蔵野美術大学美術館
展示室2・アトリウム2
会期
2014-09-08~2014-10-27
休催日
日曜日・祝日(但し9月15日(月・祝)、10月26日(日)は特別開館日)
開催時間
10時~18時
土曜日、特別開館日は17時閉館
観覧料
入館無料
主催者
武蔵野美術大学 美術館・図書館
協賛・協力等
共催:武蔵野美術大学 造形研究センター
概要
◎このたび、武蔵野美術大学 美術館・図書館では「ムサビのデザインⅣ | 1980-1990's:エットレ・ソットサスとヌオーヴォ・デザイン」を開催いたします。 ◎「ムサビのデザイン」展の第4弾となる本展では、イタリアの建築家でありデザイナーのエットレ・ソットサス(1917-2007)に注目し、ポスト・モダンのデザインのうねりが頂点に達した1989年に、照明メーカー ヤマギワの依頼によって、彼がデザインした照明27点を一挙に展示します。木・金属・大理石などの異素材を組み合わせ、斬新な形と鮮やかな色彩によって異様なまでの存在感を放つ照明器具は、ソットサスと日本の関係を示す貴重なものです。 ◎同時に、ソットサスがミラノで結成したデザイン・グループ「メンフィス(Memphis)」(1981年)に代表される、1980年代頃から国際的に隆盛した「ラディカルな」デザインの動向を振り返ります。「ニュー・デザイン(イタリア語でヌオーヴォ・デザイン)」とよばれた新傾向のデザインは、ヨーロッパをはじめ各地に影響を与えましたが、日本のデザイナーにとっても例外ではありませんでした。ここでは、メンフィスをはじめ、この動きに関わった倉俣史朗(1934-1991)、梅田正徳(1941-)らの家具も展観します。 ◎約50点の作品を通して、本展は、規範的なデザインの枠にとらわれないユーモアに溢れる先鋭的なデザインの数々に触れる機会となるでしょう。
イベント情報
・講演会「ラディカルデザインの1980年代」
日時:9月13日(土) 14:00―16:00 (開場:13:30) | 会場:武蔵野美術大学 美術館ホール
出演者:内田 繁 (インテリアデザイナー)、柏木 博・松葉一清 (本学造形文化・美学美術史教授)

・ギャラリートーク「デザインにさわる、はなす」
日時:9月27日(土)、10月25日(土) 14:00―14:30 | 10月9日(木) 16:30―17:00
会場:武蔵野美術大学美術館 展示室2
ホームページ
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/archives/7987
会場住所
〒187-8505
東京都小平市小川町1-736
交通案内
1. JR中央線「国分寺」駅乗換、西武国分寺線「鷹の台」駅下車 徒歩約18分

2. JR中央線「国分寺」駅北口下車徒歩3分、西武バス「国分寺駅北口入口」発、「武蔵野美術大学」下車すぐ (バス所要時間 約20分)

※お車でのご来館は、ご遠慮下さい。
ホームページ
http://mauml.musabi.ac.jp/museum/
東京都小平市小川町1-736
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索