タイトル等
TOTOギャラリー・間 150回展
伊東豊雄展
台中メトロポリタンオペラハウスの軌跡 2005―2014
会場
TOTOギャラリー・間
会期
2014-10-17~2014-12-20
休催日
日曜・月曜
ただし10月26日(日)、27日(月)、11月2日(日)、11月3日(月・祝)は開館
開催時間
11:00~18:00
観覧料
無料
主催者
TOTOギャラリー・間
協賛・協力等
企画 TOTOギャラリー・間運営委員会
特別顧問:安藤忠雄
委員:岸和郎/妹島和世/内藤廣/エルウィン・ビライ
後援 一般社団法人 東京建築士会
一般社団法人 東京都建築士事務所協会
公益社団法人 日本建築家協会関東甲信越支部
一般社団法人 日本建築学会関東支部
特別後援 台中市政府
協力 旭ビルウォール株式会社/麗明營造股份有限公司/大矩聯合建築師事務所/株式会社マイクロミュージアムラボラトリー/Arup
概要
TOTOギャラリー・間の第150回目の展覧会として、世界を代表する建築家、伊東豊雄氏を迎え、「台中メトロポリタンオペラハウスの軌跡 2005-2014」を開催します。

本展では、建設工事が今まさに最終局面を迎えている「台中メトロポリタンオペラハウス」の、2005年のコンペティションでの最優秀案から今にいたるまでの模型や図面、ドキュメント映像、壁面モックアップを通して、その軌跡を辿ります。

1995年、伊東豊雄氏は「せんだいメディアテーク」(宮城県仙台市、2001年)のコンペティションで、13本の樹上構造体のイメージであるチューブが、全くフラットなスラブを貫入し、支持することで大空間をつくる挑戦的な提案を行い、完成した建物は今も国内外で高く評価されています。
2005年、伊東氏は「台中メトロポリタンオペラハウス」(台湾台中市)のコンペティションでさらに複雑で豊かな秩序を内包する「エマージング・グリッド(生成するグリッド)」の概念に基づいた空間を提案し、その設計者に選ばれました。三次元曲面が縦横に連なる生命体のような新たな空間実現への挑戦は、多くの困難を乗り越えながら、ようやく完成形を見せ始めています。

2011年、伊東氏は自身の事務所が設立40年を迎え、NPO「これからの建築を考える」設立と私塾「伊東建築塾」開校の準備を行うなか、東日本大震災が発生しました。以降「みんなの家」プロジェクトを立ち上げて、復興支援活動に精力的に取り組むなど、建築家として社会に問い、貢献するさまざまな活動を行っています。このような出来事を経て、なおも氏が挑み続ける「台中メトロポリタンオペラハウス」。多くの方々が、この新たな空間への期待を高めてくださることを願います。

※「台中メトロポリタンオペラハウス」の正式名称は「台中国立歌劇院」になりました。
TOTOギャラリー・間
ホームページ
http://www.toto.co.jp/gallerma/ex141017/
会場住所
〒107-0062
東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
交通案内
・東京メトロ千代田線 [乃木坂駅] 3番出口……徒歩 約1分

・都営大江戸線 [六本木駅] 7番出口……徒歩 約6分

・東京メトロ日比谷線 [六本木駅] 4a番出口……徒歩 約7分

・東京メトロ銀座線・半蔵門線、都営地下鉄大江戸線 [青山一丁目駅] 4番出口……徒歩 約7分
ホームページ
http://www.toto.co.jp/gallerma/
東京都港区南青山1-24-3 TOTO乃木坂ビル3F
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索