タイトル等
20世紀検証シリーズ No 4
種村季弘 (たねむらすえひろ) の眼
迷宮の美術家たち
会場
板橋区立美術館
会期
2014-09-06~2014-10-19
休催日
月曜日(ただし9/15、10/13は祝日のため開館し、翌日休館)
開催時間
9:30~17:00
入館は16:30まで
観覧料
一般 650円 高校・大学生 450円 小・中学生 200円
*65歳以上の方は半額割引(325円、要証明書)あり。
*土曜日は小・中・高校生は無料で観覧できます。
*20名以上団体割引、障がい者割引(要証明書)あり。
主催者
板橋区立美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛・協力等
監修 柿沼裕朋
協賛 ライオン、清水建設、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
助成 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
協力 スパンアートギャラリー、日本通運
概要
種村季弘 (たねむらすえひろ)(1933年~2004年)は池袋に生まれ、板橋区の東京都立北園高等学校を経て、東京大学文学部に学んだドイツ文学者です。彼は、1966年にグスタフ・ルネ・ホッケの『迷宮としての世界』(矢川澄子と共訳)の翻訳をもって、日本でのマニエリスムブームの火付け役となりました。その後、博覧強記ぶりを遺憾なく発揮し、エロティシズム、錬金術、吸血鬼など、様々なジャンルを横断して、批評活動を行います。
美術批評では、「月の道化師 ゾンネンシュターン」「カール・コーラップ 魔法の国の建築家」などと題して、当時馴染みの薄かったドイツ語圏の作家たちを精力的に紹介しました。また、画家の井上洋介、赤瀬川原平、舞踏家の土方巽をはじめ、種村が共感を覚えた日本の芸術家に対しても積極的に文章を寄せました。それらは、いずれも種村ならではの鋭い鑑識眼に貫かれています。
本展は、国内外から作品を集め、種村季弘の眼を通して創造された美術の迷宮を「夢の覗き箱」「没落とエロス」「魔術的身体」「顛倒の解剖学」など、7つのキーワードで辿る初の試みです。
イベント情報
9月13日(土)
舞踏パフォーマンス&レクチャー「種村季弘の方へ」
大野慶人(おおの・よしと、舞踏家)
午後2時より30分程度、2F展示室ロビーにて、申込不要、当日展覧会観覧料のみ必要、先着100名、当日会場へ直接お集りください。

記念講演会
◇9月20日(土)「怪人タネムラスエヒロを語る」
講師:秋山祐徳太子 (美術家、本展出品作家)、美濃瓢吾 (画家、本展出品作家)、種村品麻 (種村季弘・子息、スパンアートギャラリー)
◇10月4日(土)「種村季弘のマニエリスム」
講師:巖谷國士 (明治学院大学名誉教授)
いずれも午後3時より90分程度 (午後2時開場予定)
当館1F講義室にて、申込不要、聴講無料、先着100名、当日直接会場へお越しください。

ギャラリートーク
担当学芸員が展示室を参加者と一緒にめぐりながら作品や作家についてお話いたします。
9月7日(日)、21日(日)、27日(土)、10月11日(土)
いずれも午後2時より50分程度、申込不要、観覧料のみ、当日直接2階展示室ロビーへお越しください。
ホームページ
http://www.itabashiartmuseum.jp/exhibition/ex140906.html
会場住所
〒175-0092
東京都板橋区赤塚5-34-27
交通案内
徒歩

・都営三田線「西高島平駅」下車 徒歩13分

・東武東上線「下赤塚駅」、東京メトロ「地下鉄赤塚駅」下車 徒歩25分


路線バス (所用時間約10分)

・東武東上線「成増駅」北口 2番のりばより
「(増17) 美術館経由 高島平操車場」行き「区立美術館」下車
※東京メトロ有楽町線・副都心線「地下鉄成増駅」(5番出口)も利用可。

・都営三田線「高島平駅」西口 2番のりばより
「(増17) 美術館経由 成増駅北口」行き「区立美術館」下車

※美術館を経由しないバスもありますので、乗車前にご確認ください。
※美術館前に停まるバスは1時間に1~2本です。

※下記のバスもご利用いただけます。(下車徒歩5~6分)
・東武東上線「成増駅」北口1番のりばより
「(赤02)赤羽駅西口」行き「赤塚八丁目」下車 (所要時間6分程度)

※コミュニティバス「りんりんGO」もご利用いただけます。


タクシー
・東武東上線「成増駅」北口、都営三田線「高島平駅」西口より約5分
※「新高島平駅」「西高島平駅」には、タクシー乗り場がなく、つかまりにくいため、「高島平駅」からご利用ください。
ホームページ
http://www.itabashiartmuseum.jp/
会場問合せ先
テレフォンサービス 03-3977-1000
東京都板橋区赤塚5-34-27
Webcat plus 展覧会タイトル等から関連資料を連想検索